修得する能力(各研究科・専攻) | 東京工業大学 教育・国際連携本部


修得する能力(各研究科・専攻)

大学院理工学研究科(理学系)

大学院理工学研究科(工学系)

大学院生命理工学研究科

大学院総合理工学研究科

大学院情報理工学研究科

大学院社会理工学研究科

大学院イノベーションマネジメント研究科

大学院理工学研究科(理学系)

修得する能力

・問題の多面的な理解に必要な幅広い専門学力
・確かな専門学力に基づく実践的な問題解決力
・自然科学の深奥を究めようとする探求力
・多様な考え方をまとめて新たな方向性を見出す力
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力

数学専攻

大学院修士課程

・問題の多面的な理解に必要な幅広い数学力
・確かな数学力に基づく実践的な問題解決力
・数学の深奥を究めようとする探求力
・多様な考え方をまとめて新たな方向性を見出す力
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力

大学院博士後期課程

・数学に関する体系化された幅広く深い知識をもとに、新たな知見を創造・発信する力
・本質・普遍性を見抜き、新たな課題を発見・探求する力
・高い見識と倫理観のもとに数学のフロンティアを先導する力
・数学と多方面の知見を有機的に結びつけ、活用する力
・数学におけるリーダーシップを発揮する力

基礎物理学専攻

大学院修士課程

・物理現象に貫かれる基本法則・根本原理の探求や、物理現象の多面的な理解に必要な幅広い専門学力
・確かな専門学力に基づく実践的な問題解決力
・倫理観をもって創造的な研究を行う力
・物理学の深奥を究めようとする探求力
・国際的な研究活動に必要な語学力と議論する能力

大学院博士後期課程

・物理現象に貫かれた基本法則・根本原理の追究を通じて得られた物理学に関する深い知識をもとに、新たな知見を創造・発信する力
・物理現象の本質・普遍性を見抜き、新たな課題を発見・探求する力
・高い見識と倫理観のもとに物理学のフロンティアを先導する力
・物理学と他分野の知見を有機的に結びつけ、活用する力
・専門分野における国際的リーダーシップを発揮する力

物性物理学専攻

大学院修士課程

・物理現象の多面的な理解に必要な幅広い専門学力
・確かな専門学力に基づく実践的な問題解決力
・物理学の深奥を究めようとする探求力
・国際的な研究活動に必要な語学力と議論する能力
・倫理観をもって創造的な研究を行う力

大学院博士後期課程

・物理学に関する深い知識をもとに、新たな知見を創造・発信する力
・物理現象の本質と普遍性を見抜き、新たな課題を発見・探求する力
・高い見識と倫理観のもとに物理学のフロンティアを先導する力
・物理学と他分野の知見を有機的に結びつけ、活用する力
・物性物理学において国際的リーダーシップを発揮する力

化学専攻

大学院修士課程

・問題の多方面的な理解に必要な幅広い基盤的な専門学力
・高度な専門学力に基づく実践的な問題解決力
・新たな課題に主体的に取り組み、化学の深奥を究めようとする探求力
・多様な考え方をまとめて新たな方向性を見出す力
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力

大学院博士後期課程

・化学に関する体系化された幅広く深い知識をもとに、広く物質の関わる現象の本質・普遍性を見抜き、新たな課題を発見・探求し、これを解決に導く力
・高い見識と倫理観のもとに化学のフロンティアを先導する力
・化学と多方面の知見を有機的に結びつけ、活用する力
・化学の専門分野において国際的にリーダーシップを発揮する力

地球惑星科学専攻

大学院修士課程

・地球惑星科学分野を中心としつつ広く科学を見渡せる学力
・習得した知識を適用して複雑な現象を探究する力
・自分の研究に対する深いモチーフを培う力
・学習及び研究の内容を的確に表現・伝達する力

大学院博士後期課程

・地球惑星における複雑な現象の本質を見抜く力
・研究課題の発掘・設定、研究計画の立案を行う力
・研究遂行に必要な深い専門知識を自ら形成する力
・研究成果を国際的に発信し、専門分野にてリーダーシップを発揮する力

物質科学専攻

大学院修士課程

・物質科学分野における科学技術課題の本質的な理解を可能とする専門学力
・物質科学以外の分野の専門学力を必要に応じて自ら修得し、実践的な問題解決に結びつけ人類社会に貢献する力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を読み解き、体系化して理解する力
・一般知識と専門知識を活用して新たな課題を発見・設定し、その解決につながる創造的な提案を行う力
・-論理的思考力や英語によるコミュニケーション能力に基づいて議論を展開し、それらを統合・文書化することにより創造的な科学技術に展開できる力

大学院博士後期課程

修士課程において修得する能力に加え、次のような能力を修得します。
・物質科学の本質・普遍性を見抜き、新たな課題を発見・探求する力
・高い見識と倫理観を有し、次代の物質科学研究を先導する力
・国際的に通用するリーダーシップを発揮し、体系化された知識をもとに、新たな知的フロンティアを創造・発信する力

大学院理工学研究科(工学系)

修得する能力

・問題の多面的な理解に必要な幅広い専門学力
・確かな専門学力に基づく実践的な問題解決力
・科学・技術に関する知識を自在に応用し,倫理観をもって創造的な研究・技術開発を行う力
・理工学の深奥を究めようとする探求力
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力
・多様な考え方をまとめ,新たな方向性を見出す力

物質科学専攻

【修士課程】

本専攻では、学生が次のような能力を修得することを目指します。
・物質科学分野における科学技術課題の本質的な理解を可能とする専門学力
・物質科学以外の分野の専門学力を必要に応じて自ら修得し、実践的な問題解決に結びつける応用力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を読み解き、課題を解決する力
・一般知識と専門知識を活用して新たな課題を発見・設定し、その解決につながる創造的な提案を行う力
・論理的思考力や英語によるコミュニケーション能力に基づいて議論を展開し、それらを統合・文書化することにより創造的な科学技術に展開できる力

【博士後期課程】

本専攻では、本専攻の修士課程において修得する能力に加え、学生が次のような能力を修得することを目標とします。
・物質科学分野における科学技術課題に対し、その本質的な洞察の基礎となる高度な専門学力
・物質科学に関連する幅広い各専門分野について、その基盤を形成する深い専門知識
・物質科学以外の分野にも精通し、実践的な問題解決に結びつける優れた応用力
・専門知識を自在に活用して、新たな課題発掘を行い現実的な解決策を提案する能力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し、自らリーダーとして活躍する能力、独創力・課題設定力・チーム(組織)としての解決力・研究管理能力
・産学の連携研究活動を通じた多面的な課題解決力
・日本語および英語による論理だった説明能力と文書化能力を持ち、議論をリードする能力、それを支える国際(グローバル)感覚とコミュニケーション力

材料工学専攻

【修士課程】

本専攻では、次のような能力を身につけることができます。
・幅広い理工系基礎専門力および材料工学における専門力
・専門知識を自在に活用して、新たな課題の解決と創造的提案を行う能力
・科学技術課題の本質の理解と、社会への影響を評価する能力
・材料工学以外の専門学力を自ら修得し、実践的問題解決に結び付ける能力
・日本語および英語による論理立った説明能力と文章力および議論を展開できる能力

【博士後期課程】

本専攻では修士課程で修得すべき能力を更に深化させることに加えて、次のような能力を身につけることができます。
・国際的視野を持って研究・開発を推進し、その潮流を理解し体系化する能力
・リーダーとしてグループをまとめて、研究を遂行する能力
・文化の異なるメンバーからなるグループにあっても深遠な教養と、それに基づくリーダーシップのもとでグループをまとめていく能力
・上記の各能力の裏付けとなる国際コミュニケーション力

有機・高分子物質専攻

【修士課程】

本専攻では、次のような能力を身につけることができます。
・有機・高分子物質学に関する研究・技術開発に必要な理工系基礎学力と論理的思考力
・物質・材料における新分野への研究・技術開発の展開の礎となる幅広く豊かな学力
・様々な知識を総合し、有機・高分子物質・材料を作り上げる創造的研究・開発能力
・研究・技術開発を先頭に立って進め、グループをまとめるリーダーシップ力
・自分の意見を論理的に表現できるコミュニケーション力

【博士後期課程】

本専攻では、次のような能力を身につけることができます。
・有機・高分子物質科学の分野における高度な専門学力
・有機・高分子物質学の専門知識を自在に活用して、新たな課題発掘を行い現実的な解決策を提案する能力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し、自らリーダーとして活躍する能力
・日本語および英語による論理的な説明能力と文書化能力を持ち、議論をリードする能力

応用化学専攻

【修士課程】

本応用化学専攻修士課程では、次のような能力を修得します。
・応用化学系分野における研究課題の本質を理解可能とする専門学力
・応用化学系分野以外の専門知識を自ら修得し、実践的に問題解決できる能力
・日本語および英語による論理だった説明能力と文書化能力を有し議論を展開できる力

【博士後期課程】

本応用化学専攻博士後期課程は、次のような能力を修得します。
・最新の研究動向に国際的視野をもち、研究の潮流を理解する力
・過去、現在の研究成果の理解のもとに、将来の課題設定のできる能力
・応用化学系分野以外との協同研究にリーダーシップを発揮する創造性と発想力
・国際的な協同研究を進めるために、英語による論理だった文書化力と議論の展開力

化学工学専攻

【修士課程】

本専攻では次のような能力を習得します。
・化学工学分野における科学技術課題の本質理解を可能とする専門学力
・他分野の専門学力を自ら取得し,実践的問題解決に結びつける力
・専門知識を自在に活用して,新たな課題解決と創造的提案を行う力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し体系化する能力
・日本語および英語による論理立った説明能力と文書化能力を持ち,議論を展開できる力

【博士後期課程】

本専攻では次のような能力を修得します。
・化学工学分野における科学技術課題の本質理解を可能とする高度な専門学力
・他分野の専門学力を自ら取得し,実践的問題解決に結びつける力
・専門知識を自在に活用して,新たな課題発掘をおこない現実的な解決策を提案する能力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し,自らリーダーとして活躍する能力
・日本語および英語による論理立った説明能力と文書化能力を持ち,議論をリードする能力

機械物理工学専攻

【修士課程】

本専攻では、次のような能力を身につけることができます。
・機械工学の基盤分野における高度な専門知識
・機械ならびに機械システムに関わる諸課題を物理現象の学理に基礎をおいた洞察により創造的に解決できる能力
・産業の核や基盤となり、広く産業界が利用できる先端技術を開発できる能力
・大まかに与えられたテーマの中で、解決すべき問題を抽出できる能力。また、解決すべき問題に対する他者の研究状況の分析と、それを踏まえて社会的意義や社会への影響を位置づけられる能力。
・解決すべき問題に対して、自己の持つ知識やスキルの程度を分析し、課題解決に必要な知識・スキルを自発的に習得できる能力。
・自己の持つ知識やスキルを総合して、問題解決のためのアイディアを提示し、その効果を実証した上で、さらによい結果を得られるよう改善案を提示できる能力。
・課題解決を複数で行う場合に、自己の役割を適切に認識し、リーダーシップを発揮すべき時はそれができる能力。
・課題解決プロセスを通して得られた結果を合理的に考察して新しい知見としてまとめ、新たな問題点を抽出できる能力。得られた結果、新しい知見、問題点を他者に対して合理的に説明し、理解させられる能力。

【博士後期課程】

修士課程で身につけることができる能力に加えて下記のような能力を身につけることができます。
・自専門分野について世界レベルの専門的知識
・新たな原理、理念を創出するのに必要な幅広く豊かな教養
・物理現象の本質を解明し、新たな普遍的工学原理や工学理念を創出する能力。
・国内外を問わず研究成果を外部に向けて発信できる能力
・自ら研究課題を設定し、実行できる能力

機械制御システム専攻

【修士課程】

本専攻では、次のような能力を修得します。
・機械制御システム分野における科学技術課題の本質理解を可能とする専門学力
・機械制御システム分野以外の専門学力を自ら修得し、実践的問題解決に結びつける力
・専門知識を自在に活用して、新たな課題解決と創造的提案を行う力
・他者と協調してプロジェクトを遂行する能力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し活用できる能力
・論理立った説明能力と文書化能力を持ち議論を展開できる力

【博士後期課程】

博士課程では、修士課程で習得する能力に加え次のような能力を修得します。
・自ら研究課題設定ができる能力
・リーダーとしてプロジェクトを立案・遂行する能力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し体系化する能力
・研究成果を社会に還元できる能力

機械宇宙システム専攻

【修士課程】

本専攻では、次のような能力の修得を目標とします。
・極限環境下における機械工学的課題の本質理解を可能とする専門学力
・機械工学分野以外の専門学力を自ら修得し、実践的問題解決に結びつける能力
・専門知識を自在に活用して、新たな課題解決と創造的提案を行う能力
・他者と協調してプロジェクトを遂行する能力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し活用できる能力
・日本語および英語による論理立った説明能力、文書化能力と、ディベート能力

【博士課程】

博士課程では、修士課程で習得した能力の高度化を図り、さらに次のような能力の修得を目標とします。
・研究課題の設定能力・分析力と自己修習力:自ら研究課題を設定し、その課題に対する過去の研究状況を国際的視野をもって分析し、自己の持つ知識やスキルを把握して、問題解決に向けた方策を講じて研究を推進する能力
・プロジェクトの遂行能力:リーダーとして新規のプロジェクトを立案して研究組織を構築し、研究を遂行する能力
・社会への還元能力:社会の発展に貢献するために、研究成果を社会に還元できる能力

電気電子工学専攻

【修士課程】

本専攻では、次のような能力を修得します。
・電気電子工学分野における科学技術課題の本質を理解するための専門学力
・電気電子工学分野以外の専門学力を自ら修得し、実践的問題解決に結びつける力
・専門知識を自在に活用して、新たな課題解決と創造的提案を行う力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し研究を遂行する能力
・論理的説明能力を持ち、議論を展開し文書にまとめる能力

【博士後期課程】

本専攻では、次のような能力を修得します。
・電気電子工学分野における専門分野の深い知識と洞察力のもとに、本質・普遍性を見抜く力。また新たな知見や課題を発見・探求し、高い見識と倫理観のもとに知のフロンティアを先導する力
・理工系分野と人文学や社会科学などの知見を有機的に結びつけ、活用する力
・自身の考えを発信し他の意見を理解する能力に優れ、国際的にリーダーシップを発揮する力

電子物理工学専攻

【修士課程】

人材養成の目的

本専攻では、次のような能力を修得します。
・電子物理工学分野における科学技術課題の本質を理解するための専門学力
・電子物理工学分野以外の専門学力を自ら修得し、実践的問題解決に結びつける力
・専門知識を自在に活用して、新たな課題解決と創造的提案を行う力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し研究を遂行する能力
・論理的説明能力を持ち、議論を展開し文書にまとめる能力

【博士後期課程】

人材養成の目的

本専攻では、次のような能力を修得します。
・電子物理工学分野における専門分野の深い知識と洞察力のもとに、本質・普遍性を見抜く力。また新たな知見や課題を発見・探求し、高い見識と倫理観のもとに知のフロンティアを先導する力
・理工系分野と人文学や社会科学などの知見を有機的に結びつけ、活用する力
・自身の考えを発信し他の意見を理解する能力に優れ、国際的にリーダーシップを発揮する力

集積システム専攻

【修士課程】

人材養成の目的

本専攻では、次のような能力を修得します。
・情報通信工学分野や集積システム工学分野における研究・技術開発に必要な専門学力
・情報通信工学分野や集積システム工学分野以外の専門学力を自ら修得し、実践的問題解決に結びつける力
・専門知識を活用して、新たな課題解決と創造的提案を行う力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し体系化する能力
・日本語及び英語によって論理的に説明・文書化する能力をもち、議論を展開できる力

【博士後期課程】

本専攻では、次のような能力を修得します。
・情報通信工学分野や集積システム工学分野に関する高度に専門的な業務に従事するに必要な能力、倫理観と学識
・情報通信工学分野や集積システム工学分野について、独創的研究によって従来の学術水準に新しい知見を加えるとともに、研究者として自立して研究活動を行う力
・情報通信工学分野や集積システム工学分野の研究で培った俯瞰力・国際性・創造力・行動力を広くグローバル社会に展開し、リーダーシップを発揮する力

土木工学専攻

【修士課程】

本専攻修士課程では、次のような能力を身につけることができます。
・研究・技術開発に必要な理工系基礎学力と論理的思考力
・土木工学に関する研究・技術開発に必要な専門知識と技術
・社会基盤形成を担う技術者としての豊かな教養と高い倫理観
・土木技術者としてグローバル社会で活躍するためのマネジメントおよびコミュニケーション能力

【博士後期課程】

本専攻博士後期課程では、次のような能力を身につけることができます。
・先端的な研究・技術開発に必要な理工系基礎学力と論理的思考力
・土木工学に関する研究・技術開発に必要な高度な専門知識と技術
・土木工学分野において新たな知見を創造・発信する能力
・国際的に活躍するための豊かな教養と高い倫理観
・専門家として国際的に活躍するためのコミュニケーション能力とリーダーシップ

建築学専攻

【修士課程】

本課程では、上記の目的のために、次のような能力を修得します。
・専門分野の研究、創作、技術開発において事物の本質を理解し、論理的に思考、創造、表現する学力。
・多面的な広い視野にもとづく知識を修得して、専門知識との関連を理解する能力。
・専門分野の研究、創作、技術開発において専門知識を活用して実践に導く能力。
・国際的視野にもとづき研究、創作、技術開発における潮流を理解し体系化する能力。
・日本語および英語による論理的な説明、論述、議論ができる能力。

【博士後期課程】

本専攻では、上記の目的のために、次のような能力を修得します。
・専門分野の研究、創作、技術開発を実践するための高度な専門知識と学力。
・専門分野の研究、創作、技術開発において、国際的な潮流の中で先進的な活動ができる能力。
・国際的な活動におけるリーダーとして、論理的な説明、論述、議論ができる能力。

国際開発工学専攻

【修士課程】

本専攻では,次のような能力を修得します。
I.専門学力の深化による問題設定力
II.幅広い専門学力に基づく論理的思考力
III.倫理観をもって創造的な研究・技術開発を行う実践的問題解決力
IV.研究分野の最新動向を把握し,体系化する能力
V.国際的活躍に必要なコミュニケーション力
VI.国際的プロジェクト遂行を支える実践的国際協働力

【博士後期課程】

本専攻では,次のような能力を修得します。
1. 国際的な枠組みの中でリーダーシップを発揮できる力
2. 国際的な観点から,体系化された幅広く深い知識をもとに新たな知見を創造・発信する力
3. 物事の本質・普遍性を見抜き,新たな課題を発見・探求する力
4. 高い見識と倫理観のもとに,知のフロンティアを先導する力
5. 理工系分野をもとに,人文学・社会科学など幅広い知見を有機的に結び付け,マネジメントする力

原子核工学専攻

【修士課程】

本専攻の学生は、次の能力を修得します。
・原子核工学における課題の本質を理解できる専門学力
・専門学力を実践的問題解決に結びつける力
・専門知識および豊かな教養を活用して、高い倫理観と社会的責任感を持って、課題解決と創造的な研究・技術開発を進める力
・日本語および英語による論理立った説明能力と文書能力を持ち、議論を展開できる力

【博士後期課程】

本専攻の学生は、次の能力を修得します。
・原子核工学において国際的に通用するリーダーシップを発揮する力
・原子核工学の幅広く深い知識を基に、新たな知見を創造・発信する力
・原子核工学の本質を理解し、新たな課題を発見・探求する力
・高い見識と倫理観、社会的責任感を持って、新たな分野を切り拓き、先導する力

大学院生命理工学研究科

修士課程

修得する能力

・生体の仕組みを理解し応用するための高度な専門学力
・研究開発を行う上で必要な幅広い理工系基礎専門学力
・確かな専門学力に基づく創造性や問題解決能力
・生命に対する高い倫理観をもって創造的な研究・技術開発を行う力
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力

博士後期課程

修得する能力

・科学技術の幅広い専門知識をもとに,生命に関わる新たな知見を創造する能力
・生命に関わる高い見識と倫理観のもとに,知のパラダイムを開拓する能力
・国際的な社会の中で,高度なバイオ理工系人材として研究・技術開発を推進できる能力

分子生命科学専攻

大学院修士課程

本専攻では,次のような能力を修得します。
・分子生物学,生化学,有機化学,物理化学を横断した専門学力を基盤として,生命現象を原子・分子レベルで理解し,創造的に研究を展開する能力
・高度な情報収集力をもとに,課題を見出し,解決策を講じる能力
・国内外で自らの研究成果を発表し議論するとともに,生命科学分野の最先端知識を自主的に修得出来るコミュニケーション能力
・社会的および倫理的な観点から創造的な研究・技術開発を行う力

大学院博士後期課程

本専攻では,修士課程で修得する能力に加えて次のような能力を修得します。
・原子・分子レベルの技術や思考を基盤に,創造的な生命科学研究を着想し,立案し,実施する研究力
・生命に関わる高い見識と倫理観のもとに,知のパラダイムを開拓する能力
・論文やプレゼンテーションにより,国際的に広く研究成果を伝える情報発信力
・高度なコミュニケーション能力に基づく生命科学分野における指導力

生体システム専攻

大学院修士課程

本専攻では、次のような能力を修得します。
・生化学、分子生物学、細胞生物学、発生生物学、生理学、分子進化学、分子生態学等の専門学力を基盤として、生命の仕組みをシステムとして理解し、創造的に研究を展開する能力
・高度な情報収集力をもとに、自ら課題を見出し、解決策を講じる能力
・国内外で自らの研究成果を発表し議論するとともに、生命科学分野の最先端知識を自主的に吸収することの出来るコミュニケーション能力
・社会的および倫理的な観点から研究活動を多角的に評価できる能力

大学院博士後期課程

本専攻では、修士課程で修得する能力に加えて次のような能力を修得します。
・生命の仕組みをシステムという観点から捉えて研究する能力を基盤に、創造的な生体システム分野の研究を着想し、立案し、実施する研究力
・生命に関わる高い見識と倫理観のもとに,知のパラダイムを開拓する能力
・論文やプレゼンテーションにより、国際的に広く研究成果を伝える情報発信力
・高度なコミュニケーション能力に基づく生命科学分野における指導力

生命情報専攻

大学院修士課程

本専攻の修士課程では,次のような能力を修得します。
・生命情報を読み解くのに必要な,ウェット系とドライ系のバランスがとれたバイオ系の高度な専門学力と幅広い理工系基礎専門学力
・生命および生命研究に対する高い倫理観をもって,バイオサイエンスとバイオテクノロジーが融合した学際的フロンティアを開拓する能力
・確かな専門学力に基づく創造性や問題解決能力
・自律的にプロジェクトを組織し運営する能力
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力

大学院博士後期課程

本専攻の博士後期課程では,次のような能力を修得します。
・科学技術の幅広い専門知識をもとに生命に関わる課題を発見,探求し,そこから新たな知を創造する実践的能力
・生命と生命研究に関する優れた見識と倫理観のもとで,バイオサイエンスとバイオテクノロジーが融合した学際的フロンティアを開拓する力
・ウエット系とドライ系のバランスのとれた思考能力に基づいて,卓越した創造性を発揮する力
・国際社会の中で,次世代のリーダーとして高度な研究・技術開発を推進する能力

生物プロセス専攻

大学院修士課程

本専攻では、次のような能力を修得します。
・生物工学に関する高度な専門学力と専門技術に基づく、高い研究遂行能力と問題解決能力
・生命に対する高い倫理観のもと、生物および生物機能の応用展開を指向する工学的素養
・独創的な研究開発の礎となる高い創造性
・研究成果をわかりやすく表現し、議論する能力
・国際的なコミュニケーション基礎力

大学院博士後期課程

本課程では、次のような能力を修得します。
・生物工学の高度な専門知識と専門技術、高い倫理観をもとに、生物および生物機能に関する先進的な課題を見出して探求し、その成果を工学的応用に発展させる能力
・国際的に通用する高いコミュニケーション能力
・国際的な社会の中で高度なバイオ理工系人材として研究・技術開発を推進できる能力

生体分子機能工学専攻

大学院修士課程

本専攻では、次のような能力を修得します。
・生体物質の機能発現メカニズムを分子レベルで究明するための手法の修得、それを応用に結びつける工学的素養
・生物化学、有機化学、物理化学を基盤とした生命工学分野の統合的理解力
・生命現象の工学的制御における高い倫理的センス
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力

大学院博士後期課程

本専攻では、次のような能力を修得します。
・生体物質の機能発現メカニズムを分子レベルで究明するための専門知識・実験技術の自在な応用力
・広い専門知識に基づく生命工学分野の新分野開拓能力
・高い倫理観に基づく生命工学研究・教育の推進力
・国際的に通用する高度なコミュニケーション力

大学院総合理工学研究科

本研究科では、以下の能力の修得を課程の修了要件とします。

【修士課程】

・各専門分野における問題の定式化と解決策探査の能力
・科学技術分野における十分なコミュニケーション能力
・社会の価値基準・倫理観を踏まえて専門的に判断する能力

【博士後期課程】

・高度な専門性を必要とする研究テーマの設定と問題解決の能力
・国内および国際的な場における高度なコミュニケーション能力
・学際分野でも倫理観の高い指導者としてリーダシップを発揮できる能力

物質科学創造専攻

大学院修士課程

本課程では、次のような能力を修得します。
・物質・材料科学に関する研究・技術開発に必要な理工系専門学力と論理的思考力
・隣接する境界領域分野を含め異分野の人とも協力して、新分野の研究・技術開発の展開を図る礎となる教養および柔軟な思考力
・物質・材料科学に関する様々な知識を総合し、隣接する境界領域分野の技術を統合して「もの」を作り上げる能力
・英語によって専門分野・境界分野の科学技術を理解する能力
・社会に対し説明責任を果たせるようなコミュニケーション能力と高い倫理観

大学院博士後期課程

本課程では、次のような能力を修得します。
・物質・材料科学に関する新しい領域を開拓・発展させるのに必要な高度な専門学力と論理的思考力
・専門分野周辺の領域を統合して「もの」を作り上げることにリーダーシップを発揮できる幅広い知識・思考力・交渉力
・社会に対し説明責任を果たせるような日本語及び英語によるコミュニケーション能力、新しい領域を拡大・深化させるのに必要な説得力とともにその行動規範となる高い倫理観

物質電子化学専攻

大学院修士課程

本専攻では次のような能力を修得します。
・化学分野の研究・技術開発に必要な理工系基礎学力と論理的思考能力
・専門知識を自在に活用して課題解決を行う力
・化学分野以外の専門学力を自己修得し実践する能力
・科学技術課題を本質的に理解するための幅広い専門学力
・高い見識と倫理観のもとに社会に貢献する研究開発を実行する力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解する能力
・日本語と英語による論理立った説明能力と文書化能力を持ち、議論を展開できる力

大学院博士後期課程

本専攻では次のような能力を修得します。
・化学分野の先端的研究・技術開発を推進するための高度な専門学力と論理的思考力
・高度かつ広範な専門知識を活用し、新たな創造的研究課題を提案し解決する能力
・異分野における科学技術課題に取り組むために十分な幅広い専門知識
・世界的な研究・開発の潮流を理解し体系化する能力
・高い見識と倫理観のもとに知のフロンティアを先導する力
・日本語と英語による論理立った説明能力と文書化能力を持ち議論をリードする能力

材料物理科学専攻

大学院修士課程

・材料科学および材料工学分野における専門学力と課題解決能力
・材料科学および材料工学分野に関連する他分野に対する適応力
・専門領域を含めた社会の広い分野における日本語および英語によるコミュニケーション能力
・科学的論理と倫理観を踏まえて専門的に判断する能力

大学院博士後期課程

・材料科学および材料工学分野における高度な専門学力と課題設定・解決能力
・材料科学および材料工学分野以外の広い理工系分野における発展的基礎学力
・英語による論理的な説明と文書作成ができ、課題の解決に向けた議論をリードする能力
・グローバルリーダーとしての資質と倫理観

環境理工学創造専攻

大学院修士課程

本専攻では,次のような能力を修得します。
・各自の専門分野における実環境問題の本質を理解する専門学力
・他分野の専門学力を自ら修得し,実環境の問題解決に結びつける能力
・他分野の専門家と協同し、課題を総合的に議論し,解決するコミュニケーション能力
・国際的視野を持ち,国際社会で活躍できる能力
・日本語及び英語による論理的プレゼンテーション能力

大学院博士後期課程

本専攻では、上記の目的のために、次のような能力の修得します。
・各自の専門分野における実環境問題の本質を理解する高度な専門学力
・各自の専門学力において基礎となる幅広い専門知識
・他分野の専門家と協同し、より高い視点から新たな課題解決と創造的提案を行う能力
・国際的視野を持ち,国際社会でリーダーシップを発揮しうる能力
・日本語及び英語により論理的に討論をリードする能力

人間環境システム専攻

大学院修士課程

本専攻では、次のような能力を修得します。
・人間のより良い生活を支えるための環境・防災・計画分野やその周辺分野の専門学力
・国際的視野や柔軟な思考能力をもって実践的問題解決に結びつける力
・専門分野における的確な議論や意見交換を行うに十分なコミュニケーション能力

大学院博士後期課程

本専攻では、次のような能力を修得します。
・人間のより良い生活を支えるための安全で快適かつ文化的な人間環境創成に関する高度な専門知識を必要とする研究テーマの立案および問題解決能力
・国際的視野をもって研究・開発の潮流を理解し、自らリーダーとして活躍する能力
・国際的リ-ダーシップを発揮するに必要な論理だった説明能力と文書化能力

創造エネルギー専攻

大学院修士課程

本専攻では,次のような資質と能力をもつ人材を求めます。
・エネルギー科学を学習するための十分な理工系基礎学力を有すること
・自ら積極的に学習,研究を進めていく意欲を有すること
・これまでの専門領域に拘らず,新しい分野を切り開くチャレンジ精神を有すること
・研究を進めるために必要な語学力を有すること

大学院博士後期課程

・エネルギー科学分野における高度な専門知識
・高度な専門知識を活用した,関連分野における課題設定と解決策を提案する能力
・国際的な視野から研究・開発の潮流を理解し,体系化する能力
・日本語および英語による論理的な説明能力と文書化能力を持ち議論をリードする能力

化学環境学専攻

大学院修士課程

本専攻では、次のような能力を修得します。
・自然環境と調和できる科学技術の位置づけを理解し、化学を安全に実践することの出来る専門学力と技能
・本専攻に関連する周辺分野の専門学力を自ら修得し、実践的な問題解決に結びつける能力
・専門知識を活用して、新たな課題の解決と創造的な提案を行うことの出来る能力
・国際的な視野を持って研究・開発の潮流を理解し体系化することの出来る能力
・日本語および英語による論理的な説明能力を持って議論を展開することの出来る能力

大学院博士後期課程

本専攻では、修士課程までに修得している能力を伸ばし、より高度に洗練し身につけます。
さらに、次のような能力を修得します。
・化学および環境科学の最先端の研究領域と技術を自ら開拓し、創造的に研究を立案し実践する能力
・国際社会に自在に研究成果を伝えることのできる情報発信力と、最先端の知識を受信する能力
・化学および環境科学の分野において、高度な知識とコミュニケーション能力に基づく指導力

物理電子システム創造専攻

大学院修士課程

本専攻では、次のような能力を身につけることができます。
・エレクトロニクス・フォトニクスの材料、デバイス、システム技術およびその基礎となる科学技術の本質を正しく理解できる専門的学力。
・これらの分野の技術的課題を理解しその問題解決を行う能力。
・自分の専門とは異なる分野の技術も理解し新しい領域の開拓に挑戦できる能力。
・自分の考えや技術を人に正しく伝え共同して課題に取り組める能力。
英語による科学技術情報の正確な理解と技術分野での基礎的なコミュニケーションができる能力。

大学院博士後期課程

本専攻では次のような能力の修得を目指します。
・エレクトロニクス・フォトニクスの材料、デバイス、システム技術およびその基礎となる科学技術の分野での高度な専門的学力。
・これらの分野で科学技術上の課題設定、課題発見ができる能力。
・自らの専門性を基礎として新しい領域の開拓に挑戦できる能力。
・共同の研究や開発の場での企画力と指導力。
英語によるプレゼンテーションおよび充分なコミュニケーションを行える能力。

メカノマイクロ工学専攻

大学院修士課程

幅広い分野にわたる高度なシステムの研究・開発を進めることができるように,
・各分野の専門家が互いに話し合える語彙と知識の修得,
・課題の本質を見抜き,目標を設定できる能力の獲得
を主眼としています。たとえば機械工学の素地をもった学生に電子的センスを,また電子工学の素地をもった学生に機械的センスを付与するなど,各自の専門分野のみならず,他の分野にも広い見識をもつ研究者・技術者など,実社会でリーダシップをとれる人物を養成することを目標にしています。

大学院博士後期課程

本課程では,各種研究・開発分野で要求されるマイクロメカトロニクス関連分野の高い専門性と同時に,工学に関する広い視野を身につけ,独立した研究者としての自覚をもち,将来,研究・開発分野で指導的な立場に立てる人材の育成を図ります。また,企業等に勤務しながら博士号取得を目指す「社会人大学院プログラム」も用意されており,仕事に携わる傍らアカデミックな視点から専門分野を総括できる人材も育成します。

知能システム科学専攻

大学院修士課程

・システム科学の基盤数理専門
あらゆるシステムを対象とするシステム科学の基盤となる抽象化能力を養い、数理体系の専門知識を修得する。
・個別対象分野の基礎および先端専門
少なくともひとつの個別対象分野の基礎から最先端までの専門を体系的に修得する。
・修士論文研究
問題解決能力に関する一般知識をコースワークで身につけた上で、指導教員による研究室指導の下に論文研究を実践する。
・異分野・異文化グループ問題解決実践
出身専門が異なり外国人を含む少人数のグループを編成して、同一課題に対するコンテスト形式で問題解決に取り組む。
・プレゼンテーション、ディスカッションスキル
構想発表・中間発表・論文発表という順で研究の進捗に合わせて設定されたオーラル、ポスター発表会形式によって、アカデミックプレゼンテーション、ディスカッションスキルを涵養する。

大学院博士後期課程

・博士論文研究
問題設定能力および問題解決能力に関する一般知識をコースワークで身につけた上で、指導教員による研究室指導の下に論文研究を実践する。
・プレゼンテーション、ディスカッションスキル
中間発表・予備審査・論文発表という順で研究の進捗に合わせて設定されたオーラル発表会形式によって、アカデミックプレゼンテーション、ディスカッションスキルを涵養する。
・企画・実行能力
修士課程の構想発表・中間発表に関する企画立案と運営実行を分担して、イベントの企画・実行能力を涵養する。

物理情報システム専攻

大学院修士課程

本専攻では、次のような能力の修得をめざします。
・人間中心の情報融合システムを開拓する上で必要となる専門的基礎学力。
・学問領域間の課題の融合、問題解決手法の融合により新しい領域の開拓に挑戦できる能力。
・社会との関係の中で自分の研究テーマや技術をとらえて活かせる力。
・自分の考えや技術を人に正しく伝え協同して課題に取り組める能力。
・英語による科学技術情報の正確な理解と技術分野での基礎的なコミュニケーションができる能力。

大学院博士後期課程

本専攻では、次のような能力の修得をめざします。
・人間中心の情報融合システムを開拓する上で必要となる高度な専門的学力。
・学問領域間の課題の融合、問題解決手法の融合により新しい領域の開拓に挑戦できる能力。
・社会との関係の中で課題設定ができる能力。
・自分の考えや技術を人に正しく伝え協同して課題に取り組める能力、リーダーとして研究・開発チームを指揮できる能力。
英語による科学技術情報の正確な理解と情報発信、十分なコミュニケーションができる能力。

大学院情報理工学研究科

修得する能力(大学院修士課程)

・情報理工学の幅広い専門学力
・確かな専門学力に基づく実践的な問題解決力
・課題を発見し設定する力
・情報理工学の学問的真理を探究する力
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力

修得する能力(大学院博士後期課程)

・情報理工学の高度な専門学力
・深い専門知識に基づく卓越した問題解決力
・自ら創造的に新たな課題を発見し設定する力
・本質を見抜き普遍的な真理を探究する確かな力
・国際的に通用するリーダーシップを発揮する力

数理・計算科学専攻

大学院修士課程

本専攻では学生が次のような能力を修得することを目標とします。
・数理科学に関する知識と技能。
・研究対象の数学的構造を的確に捉え,論理的に表現する能力。
・現実の複雑な問題を明快な数理的枠組みとして把握し,さらにそれをアルゴリズムとして表現・実現できる能力。
・計算機アーキテクチャとソフトウェアシステムなど計算機科学に関する知識と技能。
・数理科学と計算機科学を融合したアプローチを提起できる能力。
・自らの考えを論理的にまとめ,効果的に主張できる作文能力およびプレゼンテーション能力。

大学院博士後期課程

本専攻では学生が次のような能力を修得することを目標とします。
・数理科学および計算機科学分野のプロフェッショナルとしての高度な見識と広範な体系的知識。
・研究テーマを持続的に深化,展開できる柔軟で多様な発想と探究心および独創性。
・新しい研究テーマを開拓し,推進していく創造性。
・研究を通じて情報化社会の抱える諸問題の解決法を提案するチャレンジ精神と社会的貢献を目指す高い職業的倫理観。
・論文,学会発表,様々なコンテスト参加の形で自らの研究成果を積極的に公開するとともに,その内容を説得力をもって主張できる論文執筆能力およびプレゼンテーション能力。

計算工学専攻

大学院修士課程

本専攻の学生は,以下のような能力を修得します。
・計算工学に関する深い専門知識と論理的思考能力
・問題の本質を見抜き,柔軟な発想で問題解決をする能力
・社会に役立つシステムを構築するための幅広く豊かな教養と倫理観
・国際的な共同研究・開発をするために必要なコミュニケーション能力

大学院博士後期課程

本専攻の学生は,修士課程で修得した能力に加え以下のような能力を博士後期課程で修得します。
・計算工学に関する幅広く深い専門知識を元に自ら新しい学問分野を切り開く能力
・自ら新しい問題を発見する能力
・技術的観点に加え,広く社会的観点からも自らの専門分野の状況を客観的に評価できる能力
・国際的な共同研究・開発をするために必要な強いリーダーシップ

情報環境学専攻

大学院修士課程

本専攻では,次のような能力を修得します。
・情報環境学の広範な対象に関する基礎・先端的な専門学力
・環境システムを情報化し,分析するための技術力
・情報環境学の知識を活用できる実践力
・情報環境学における問題設定力,問題解決力
・論理的思考に基づくコミュニケーション力,発表力
・進展の著しい情報化社会に柔軟に対応できる適応力

大学院博士後期課程

本専攻では,次のような能力を修得します。
・情報環境学を展開し発展させることのできる専門学力,技術力
・専門知識を自在に活用して,多様な視点から問題にアプローチする実践力
・広範な分野の知恵,知識,人材を調和させる統合力
・国際的に通用するリーダーシップ力
・常に本物を希求し熱意をもって取り組む力

大学院社会理工学研究科

修得する能力(大学院修士課程)

それぞれの進路に応じて、以下の各領域について一定の資質・能力を身につけるとともに、自分の存在意義を高める上で必要となる複数領域についての卓越した資質・能力を身につける。
・「超産業社会」における問題に対する多面的な理解と解決に必要な、人文・社会科学と理工学とをつなぐ幅広い専門基礎学力
・科学技術と人間社会のインタフェースをとるための方法論と専門基礎学力を適用して、実践的に問題解決する力
・「超産業社会」において解決すべき問題群は、常に人や社会に影響を及ぼすものであることを自覚し,職業的な倫理観をもって誠実に問題解決に当たる態度
・グローバル化する社会において人や社会に関わる仕事をするために不可欠なコミュニケーション基礎力と情報発信力

修得する能力(大学院博士後期課程)

・既存の理工学や人文・社会科学の枠を超え、社会理工学の理念に即した創造的な研究・開発・運用を行う力
・人文・社会科学と理工学との新たな融合を実現する上で必要な両者にまたがる幅広い知識を有し、それらをベースに新たな学問体系の構築に踏みだそうとする挑戦的探求力
・科学技術と人間社会のインタフェースとして、また、国際的に通用するリーダーとして、多様な考え方をまとめ、新たな方向性を見出し、周囲の人との協力の下にものごとを推し進めるために必要となる人間力やコミュニケーション力

人間行動システム専攻

大学院修士課程

養成する人材像

本専攻では、それぞれの進路に応じて、以下の各領域について一定の資質・能力を身につけるとともに、自分の存在意義を高める上で必要となる複数領域についての卓越した資質・能力を身につける。
・人文・社会科学と理工学とを結びつける上で必要となる幅広い専門基礎学力
・本専攻の対象領域・問題に取り組む上で必要な方法論
・上記の2つを適用して実践的に問題解決する力
・本専攻が扱う問題群は、常に人や社会に影響を及ぼすものであることを自覚し、職業的な倫理観をもって誠実に問題解決に当たる態度
・グローバル化する社会において人間や社会に関わる仕事をするために不可欠なコミュニケーション基礎力と情報発信力

大学院博士後期課程

本専攻では、博士後期課程において、修士課程で修得する能力に加えて、以下の能力を身につける。
・理工系、人文・社会科学系の既存の学問領域の枠を超え、本専攻の理念に即した創造的な研究・開発・運用を行う力
・人間性を加味した新しい科学技術の発展に貢献する上で必要な人文・社会科学と理工学の両者にまたがる幅広い知識を有し、それらを基盤として新たな学問体系の構築に踏みだそうとする挑戦的探求力
・科学技術と人間社会のインタフェースとして、また、国際的に通用するリーダーとして、多様な考え方をまとめ、新たな方向性を見出し、周囲の人との協力の下にものごとを推し進めるために必要となる人間力やコミュニケーション力

価値システム専攻

大学院修士課程

価値システム専攻の学生は、次のような能力を修得します。
・課題に建設的に取り組むことができる積極性
・固定観念から脱却できる柔軟性
・現実状況の変化に追随するだけでなく、先を見越して行動できる臨機応変さ
・自分とは異なるバックグラウンドを持つ人とも適切にコミュニケーションでき、健全な人間関係を構築できる能力
・リーダーとしての高度な価値判断と速やかな意思決定の能力

大学院博士後期課程

価値システム専攻博士後期課程の学生は、次のような能力を修得します。
・課題に建設的に取り組むことができる積極性
・固定観念から脱却できる柔軟性
・現実状況の変化に追随するだけでなく、先を見越して行動できる臨機応変さ
・自分とは異なるバックグラウンドを持つ人とも適切にコミュニケーションでき、健全な人間関係を構築できる能力
・価値判断と意思決定の専門家・研究者としての能力

経営工学専攻

大学院修士課程

本専攻では、次のような能力等を習得します。
・経営活動を構成する諸活動を包括的に理解するための知識と経営的視点
・社会に対する洞察力を高め、解決するに値する問題を発見する能力、問題を解析する能力、問題を解決する能力およびそれを実行する能力
・問題を構造化・モデル化する概念的能力
・科学論、技術論、科学方法論の専門知識に基づく洞察力
・日本語および英語による説明能力と文書化能力
・先端的研究を遂行する創造力

大学院博士後期課程

本専攻では、次のような能力等を習得します。
・高度な専門知識に基づく経営活動を構成する諸活動についての洞察力
・解決すべき問題を発見し、社会に役立つ解決策を見出し、それを実践していく実行力
・問題を構造化・モデル化して説明する能力
・日本語および英語による論文作成能力と発表能力
・最先端の研究を遂行する高度な創造力
・国際水準で通用するリーダーシップ

社会工学専攻

大学院修士課程

本専攻では、次のような能力を修得します。
・制度設計理論(経済学)プログラム
数理・統計など理工学との真の融合を基礎にすえた新たなミクロ、マクロ、計量経済理論を発展させ、経済・社会分析を深化させる能力。
・公共システムプログラム
公共的なシステム(特に組織の)マネージメントをもって、理論と実践の統合させる能力。
・時空間デザインプログラム
空間デザインに歴史的要素を加え、新たなデザイン実践論を展開させる能力。

大学院博士後期課程

本専攻では、次のような能力を修得します。
・ニューパラダイムコース
コミュニケーション能力等に優れた新しいタイプの研究者に必要な、論理的思考力、社会的倫理観、社会的評価能力、表現力。
・ノンプロフィット・マネジメントコース
ノンプロフィット組織への増大する社会的ニーズに応えるものとして、文理融合アプローチにより活動理論の研究と理工系の専門知識と技術をもちながら組織を形成・運営し、活動を持続するための理論と実践力。

大学院イノベーションマネジメント研究科

技術経営専攻

修得する能力

イノベーション創出のリーダーとして、科学・技術を活用し産業や社会の発展に貢献する実務家に必要とされる、つぎのような能力を修得します。
・科学・技術をもとに新たな価値を生み出す力
・グローバルな視野と高い倫理観から組織のビジョン・戦略を策定する力
・経営的な課題を解決するための理論を自ら構築する力
・既存の枠組みにとらわれず、社会を変革する力
・自らの考えを的確に伝えるコミュニケーション力

イノベーション専攻

修得する能力

・専門分野において水準が高く独創性があると認められる研究を行い、学位論文を執筆する能力
・当該分野の専門家としてその分野を深く極め、その知見によって社会に貢献することができる能力