人材養成の目的/教育目標(各研究科・専攻) | 東京工業大学 教育・国際連携本部


人材養成の目的/教育目標(各研究科・専攻)

大学院理工学研究科(理学系)

大学院理工学研究科(工学系)

大学院生命理工学研究科

大学院総合理工学研究科

大学院情報理工学研究科

大学院社会理工学研究科

大学院イノベーションマネジメント研究科

大学院理工学研究科(理学系)

人材養成の目的(大学院修士課程)

自然科学に関して高い専門知識と創造力を備えた、国際的に活躍できる人材

人材養成の目的(大学院博士後期課程)

自然科学の専門分野におけるリーダーとして、自然科学の発展と活用に貢献できる人材

教育目標

理学系は、自然界に潜む普遍的な法則性を解き明かすことにより、人類が継承すべき知の文化を究めるとともに、先鋭的な理学研究を自ら開拓し、国際的な研究活動を牽引する人材及び幅広い理学的素養を有し多方面で活躍できる人材を育成します。
そのために、質の高い教育を行ない、高度な専門知識を修得させ、学生がそれについて互いに意見を交わし科学について語り合う環境を醸成しつつ、学生の持っている個性と豊かな創造力を伸ばすことを目標とします。

 

数学専攻

修士課程

人材養成の目的

数学について高い専門知識を持ち、社会において活躍できる人材。

博士後期課程

人材養成の目的

数学分野におけるリーダーとして、数学の発展と活用に貢献できる人材。

 

基礎物理学専攻

修士課程

人材養成の目的

物理現象に貫かれる基本法則・根本原理の探求を通じて得られた高い専門知識、創造性及び物理学的素養を備え、グローバル社会で活躍できる人材

博士後期課程

人材養成の目的

物理現象に貫かれる基本法則・根本原理の探求を通じて得られた高い専門知識と物理学的素養を備え、国際的に通用するリーダーとして独創的研究を遂行できる人材

 

物性物理学専攻

修士課程

人材養成の目的

様々な物質相の示す多様な物性を物理学の基本法則を用いて探求する研究活動を通じて、物理学的素養、高度な専門知識、及び創造性及びを備え、グローバル社会で活躍できる人材

博士後期課程

人材養成の目的

物理学法則を駆使して展開される第一線の研究活動を通して、高い専門知識と物理学的素養を備え、国際的なリーダーとして創造的な活動を遂行できる人材

 

化学専攻

修士課程

人材養成の目的

化学に関する基盤的な知識と高度な専門学力に基づいた広い視野を持ち、新たな課題に主体的に取り組むことのできる人材

博士後期課程

人材養成の目的

化学の専門分野におけるリーダーとして、自然科学の発展と活用に貢献できる人材

 

地球惑星科学専攻

修士課程

人材養成の目的

地球・惑星の諸現象を理解するために必要な広い基礎的専門力を持ち、複雑な現象に対して科学的理解を深めようとする探究心をもつ人材

博士後期課程

人材養成の目的

地球・惑星の複雑な自然現象を研究し、本質的な過程を見抜いて定量的に解明できる人材

 

物質科学専攻

修士課程

人材養成の目的

物質科学専攻は、物質の構造、変換(反応)、設計、機能に関する科学を推進することで人類社会に貢献することを目的としているため、下記のような人材を養成します。
化学や材料学に関する深い専門性に加え、幅広い基礎的な学力を有し、次代の物質科学を先導する意欲にあふれた理工学融合型人材

博士後期課程

人材養成の目的

修士課程において養成する人材像に加えて、国際的なリーダーとして「知識基盤社会」を牽引し、豊かな国際社会の実現に向けて物質科学分野のフロンティアを開拓できる人材

 

 

大学院理工学研究科(工学系)

人材養成の目的

工学系は,人類と社会の持続的発展に貢献するために,理工融合の卓越した学術・技術を創生するとともに,透徹した論理能力と最新の技術・思想についての深い洞察,国際的な情報発信力を備え,確固たる倫理観に基づいて,世界を先導する人材を育成します。

教育目標

「人類と社会の持続的発展に貢献する独創性に優れた工学的叡智の伝承と創造により理工融合の卓越した学術・技術そして人材の創出」を基本理念(http://www.eng.titech.ac.jp/general/philo&chart_b.html)としています。

 

物質科学専攻

修士課程

人材養成の目的

物質科学専攻は、物質の構造、変換(反応)、設計、機能に関する科学を推進することで人類社会に貢献することを目指している。このため本課程では、化学や材料学に関する深い専門性に加え、幅広い基礎的な学力を有し、次代の物質科学を先導する意欲にあふれた理工学融合型人材を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

本専攻の修士課程において養成する人材像に加えて、国際的なリーダーとして「知識基盤社会」を牽引し、豊かな国際社会の実現に向けて物質科学分野のフロンティアを開拓できる人材を養成します。

 

材料工学専攻

修士課程

人材養成の目的

材料科学および材料工学を基礎として、金属材料および無機材料に関する高度な専門的学力を有するとともに、与えられた問題を解決するための独自の発想と、身につけた知識を駆使した問題解決の能力を有し、国際的な競合と協調のもとに、人類の発展と幸福に貢献する先見性豊かな人材を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

金属材料および無機材料に関わる材料科学および材料工学を基礎とした理工系先導学力と深遠な教養を有し、独自の発想とそれを実現できる素養を身につけ、競合と協調のもとに国際的なリーダーとなり、人類の幸福に貢献する人材を養成します。

 

有機・高分子物質専攻

修士課程

人材養成の目的

有機・高分子物質専攻では、最新の科学に基盤をおいた「有機低分子および高分子物質の合成、反応、構造、物性、機能、加工」(有機・高分子物質学)の基礎的素養に加えて、あらゆる知識を総合し、具体的な有機・高分子物質に関わる「もの」を作り上げる創造的な研究能力・開発能力と指導力・企画力などを兼ね備えた人材の育成を目指しています。

博士後期課程

人材養成の目的

国際的に通用するリーダーとして、豊かな国際社会の実現に向けて、有機・高分子物質科学分野のフロンティアを開拓・牽引できる人材を養成することを目指しています。

 

応用化学専攻

修士課程

人材養成の目的

物質の基礎的性質や反応性を原子・分子レベルで理解し、応用化学の専門技術を実践して問題を解決することができるような、自立した化学研究者および技術者を養成する事を目的とします。

博士後期課程

人材養成の目的

物質の基礎的性質や反応性に関する深い専門学力を背景とし、最新の応用化学研究の成果も含めた俯瞰的な視点から、新たな研究課題設定とその解決に向けた提案を行える化学研究者、技術者の養成を目的とします。

 

化学工学専攻

修士課程

人材養成の目的(専攻HP, 学習案内)

化学工業の基本は,天然資源を化学的に有用な物質に変換する技術システムとそれらを工業生産していく技術システムにあります。化学工学専攻ではこうした化学技術システムを広く体系的に教授して,化学技術を必要とするあらゆる分野で指導的に活躍できる工学的素養および創造力を持った技術者,研究者,教育者を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的(専攻HP, 学習案内)

化学工業の基本は,天然資源を化学的に有用な物質に変換する技術システムとそれらを工業生産していく技術システムにあります。化学工学専攻ではこうした化学技術システムを広く体系的に教授して,化学技術を必要とするあらゆる分野で指導的に活躍できる工学的素養および創造力さらに国際性を持った技術者,研究者,教育者を養成します。

 

機械物理工学専攻

修士課程

人材養成の目的

機械工学の対象分野が急速に拡大している現在、これまでの専門分野の枠組みにとらわれずに、物理現象の本質に立ち返りながら個々の要素技術を発展させる新しいアプローチが必要となってきています。そこで本専攻では、物理的視点に根ざした幅広い工学的視野を有するとともに創造性に富む技術者・研究者を育成することを目指し、機械工学の基幹分野に理学との融合領域に関わる関連学術分野を加えたカリキュラムを用意して発見的思考の啓発と多角的視野からの問題解決能力の養成に重点を置いた教育と研究を行っています。

博士後期課程

人材養成の目的

修士課程で掲げた目標を高いレベルで実現でき、幅広い工学的視野に加えて自専門分野について世界レベルの専門的知識をもった一流の研究者を育成することを目指しています。

 

機械制御システム専攻

修士課程

人材養成の目的

本専攻は、エネルギー、環境、センシング、制御の各工学分野の融合により、人間と自然環境の調和を損なわない持続可能な社会に資する機械制御システムの実現を目指し、その学問体系の構築を目的としています。すなわち、上記の融合領域における未踏分野の要素技術の研究を通して、新しい機能・知能を持つ機械制御システムの基本技術を開発します。また、人間を取り巻く環境と機械が調和し得るシステムの基礎原理を解明し、 これに基づく持続可能な社会のための工学の理論構築と技術創造を行います。この理念に基づき、本専攻の教育では、機械工学から制御工学にわたる広範な分野の最新知識を提供することで、その融合領域において活躍し得る素養を培います。また、教員との研究や討論を通じて、問題発見・解決能力を養うと共に、人間及び自然と調和した、持続可能な社会を目指す機械制御システムを創造できる柔軟な思考と、果敢な実行力を持つ研究者・技術者を育成します。

博士後期課程

人材養成の目的

修士課程の人材養成目的の内容を高度な次元で実現し、自ら研究課題を発掘し、研究を遂行できる、学識と実践力を兼ね備えたリーダーを養成します。

 

機械宇宙システム専攻

修士課程

人材養成の目的

本専攻では,機械工学の高度な専門知識を有し、宇宙に代表される極限環境下において必要とされる機械システムを、物理現象の原理と実践的な工学手法に基づき創造する能力を身につけた先導的な人材の育成を目指しています。

博士後期課程

人材養成の目的

本専攻では、宇宙に代表される極限環境下において必要とされる先進的な機械システムを構築する能力をもち、多様な工学的課題を主導的に解決して、社会に貢献できる人材の養成を目的としています。

 

電気電子工学専攻

修士課程

人材養成の目的

電気電子工学専攻は、社会基盤を構成するエネルギーシステムと通信システムを中心とする分野、これらをささえる物性やデバイス分野まで広げた教育と研究を行います。電子物理工学専攻との密接な協力のもとに、これらの分野のハードウエアとシステム・ソフトウエアの双方の技術に関する基礎的理解力と応用発展力を備え、広範な科学技術分野を的確に理解し,新たな領域を切り開いていく独創力を備え、世界に貢献しグローバルに活躍できる人材を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

電気電子工学に関する深い専門性と洞察力を有することはもちろん、他の分野にも幅広い見識と理解力を有し、これらを総合して新たな科学・技術のフロンティア領域を開拓・牽引できる独創力をもった国際的に通用するリーダーを養成します。

 

電子物理工学専攻

修士課程

人材養成の目的

電子物理工学専攻は、電子・光に関する物理を基礎とする物性材料分野から、これを基にした電子・光デバイス分野、これらを集積した回路に関連するエレクトロニクス分野の教育と研究を行っています。電気電子工学専攻との密接な協力のもとに、これらの要素技術が支える電力や通信などのシステムに至る幅広い分野の、ハードウエアとシステム・ソフトウエアの双方の技術に関する基礎的理解力と応用発展力を備えるとともに、広範な科学技術分野を的確に理解し,新たな領域を切り開いていく独創力を備え、世界に貢献しグローバルに活躍できる人材を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

電子物理工学に関する深い専門性と洞察力を有することはもちろん、他の分野にも幅広い見識と理解力を有し、これらを総合して新たな科学・技術のフロンティア領域を開拓・牽引できる独創力をもった国際的に通用するリーダーを養成します。

 

集積システム専攻

修士課程

人材養成の目的

高度情報化社会を支える通信ネットワークとコンピュータとの融合システム、及びそれらの基盤技術である信号処理とVLSI(超大規模集積回路)システム等、情報通信工学分野や集積システム工学分野の広範な学術・研究分野で基礎的理解力と応用発展力を養うことにより、第一線で活躍できる研究者を育成するための教育を行うとともに、情報通信産業を俯瞰する視野を養い、グローバルに活躍できる産業界等の経営幹部候補を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

高度情報化社会を支える通信ネットワークとコンピュータとの融合システム及びそれらの基盤技術である信号処理とVLSI(超大規模集積回路)システム等、情報通信工学分野や集積システム工学分野で世界第一級の力量をもつ研究者・技術者ならびに、豊かな国際社会の実現に向けて科学・技術のフロンティアを開拓・牽引できるリーダーとなる人材を養成します。

 

土木工学専攻

修士課程

人材養成の目的

土木工学専攻修士課程では、土木工学に関する高度な専門知識と技術、ならびに、豊かな教養と国際コミュニケーション能力を取得することで、土木分野における専門家としての自覚を持ち、グローバル社会において活躍できる技術者ならびに研究者の育成を目的としています。

博士後期課程

人材養成の目的

土木工学専攻博士後期課程では、土木工学に関する先端的な専門知識と技術、ならびに、より豊かな教養と国際コミュニケーション能力を取得することで、土木分野におけるリーダーとしての自覚を持ち、国際的に活躍できる高度な技術者ならびに研究者の育成を目的としています。

 

建築学専攻

修士課程

人材養成の目的

本課程では,高度な専門知識に基づき,最先端の建築・都市空間を創造する人材、そして、次世代の建築学や建築界を先導し、建築文化の形成に貢献する人材の養成を目指しています。技術とデザインの調和と融合を図るために、2つのコースを用意しており,主に、建築学コースは創生的な技術を追求する研究者や技術者を,建築デザインコースでは創造的なデザインを追究する建築家や研究者を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

本課程では、専門分野における知識を極め、研究、創作、技術開発において優れた学業業績を上げ、次世代の建築学や建築界を支え、国際的な活動が期待できる研究者、建築家、技術者を養成します。

 

国際開発工学専攻

修士課程

人材養成の目的

国際開発工学専攻修士課程では,開発途上国における貧困や地域間格差,そして地球規模の環境破壊など,その解決に国際協働を必要とする諸問題を科学技術の力で解決するため,問題設定能力ならびに解決に応用できる専門力の涵養を目標としています。加えて,国際協働の実践で力を発揮できるコミュニケーション力やマネジメント力などを備えた,国際的に活躍できるグローバルエンジニアの育成を目指しています。

博士後期課程

人材養成の目的

国際開発工学専攻博士課程では,開発途上国における貧困や地域間格差,そして地球規模の環境破壊など,その解決に国際協働を必要とする諸問題を科学技術の力で解決するため,国際開発工学の先導者としての役割を果たし,自らが高度な専門家であることを目標としています。加えて,国際協働においては,問題抽出・設定・解決などにおいて,国際的なリーダーシップを発揮できるグローバルエンジニアの育成を目指しています。

 

原子核工学専攻

修士課程

人材養成の目的

原子核工学は、核反応・放射線の利用、およびそれらを支える材料科学等を研究対象とする総合的な学問です。本専攻は、原子核工学の高度な専門知識、原子核工学の研究・開発・利用に係わる社会的責任感、国際的コミュニケーション力を有し、かつ社会と環境に調和する原子力技術の発展を担う人材の養成を目指しています。

博士後期課程

人材養成の目的

原子核工学は、核反応・放射線の利用、およびそれらを支える材料科学等を研究対象とする総合的な学問です。本専攻は、原子核工学の高度な専門知識、原子核工学の研究・開発・利用に係わる社会的責任感を有し、国際的リーダーとして活躍し、新たな分野を切り拓く人材の養成を目指しています。

 

 

大学院生命理工学研究科

教育目標

生体の構造と機能に対する探求力とそれらを応用に結び付ける実践力、新たな科学技術への創造力、そして生命に対する高い倫理観を備えた理工系人材を養成します。
生命理工学研究科は,バイオサイエンスとバイオテクノロジーに関連する最先端の科学技術分野を,理工学を基盤として開拓し,「生命理工学」という新たな学術分野として発展させ,世界最高レベルの研究開発を推進するとともに,その先導的な研究開発環境の中で充実した大学院教育を実施しています。その教育目標は,最先端の科学や技術を活用して複雑で精緻な生体の構造と機能を解明する力やその成果を応用に結び付ける力,そしてバイオサイエンスとバイオテクノロジーを融合して新たな科学技術を創造する力をもち,生命への畏敬の念と高い倫理観を備え,グローバルに活躍できる理工系人材を養成することです。
本研究科では,大学院の各課程において輩出する人材像,および,そのために学生が修得する能力を次のように定めます。

養成する人材像(大学院修士課程)

理工系研究者・技術者として,生体の仕組みを理解し,それを応用する力をもつとともに,広域な科学技術に関する視野を有し,国際的に活躍できる人材

養成する人材像(大学院博士後期課程)

世界最高レベルの研究開発を推進できる国際的なバイオ理工系の研究者・技術者となり,豊かな国際社会の実現に向けて新たな科学技術を開拓できる卓越した人材

 

分子生命科学専攻

修士課程

人材養成の目的

生命現象を原子・分子レベルの視点から分野横断的に研究する能力,研究を遂行するためのコミュニケーション能力,および,高い生命倫理観を持った人材を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

修士課程での人材像に加えて,先進的な研究を推進できるとともに,国際的感覚に基づく指導力を持った人材を養成します。

 

生体システム専攻

修士課程

人材養成の目的

本専攻では、生命の複雑かつ精緻な仕組みを、それらを統御するシステムという観点から捉え、それを徹底して解き明かすための能力を育成します。タンパク質・脂質などの生化学から、遺伝子・ゲノムなどの分子生物学、さらに個体・群集レベルの生物学まで、一つの分野を深く掘り下げながらも、分野を横断した学際的・創造的な視野を持ち、さらに国際的コミュニケーション能力、ならびに高い倫理観を持つ人材を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

修士課程での人材像に加えて、独創的・先進的な研究を推進できるとともに、国際的感覚に基づく指導力を持った人材を養成します。

 

生命情報専攻

修士課程

人材養成の目的

生命は、遺伝子やゲノム、細胞内および細胞間の信号伝達といった様々な形態の情報を維持、伝達し、さらに変換することで成り立っている複雑系です。科学技術の発展ならびに研究の進展により、我々の手中にある「生命情報」の量は指数的に増加しており、それらを活かして今後の研究展開を図っていくには、情報系のアプローチの導入が不可欠です。本専攻は、生命理工学研究科の中でも特にバイオサイエンスとバイオテクノロジー両分野の研究者から構成され、両分野が融合した新しい研究領域を切り開いてきました。本専攻は、オーソドックスなウェット系の研究アプローチと情報・理論分野のドライ系の研究アプローチをバランスよく組み合わせ、さらに革新的な技術開発にも積極的に取り組むことで、分子レベルから個体レベルまで様々な階層に張り巡らされた情報の解読と、それに基づく生命の根源的理解を目指しています。
本専攻の修士課程では、理学系と工学系いずれの背景を有する学生をも受け入れ、バイオサイエンスとバイオテクノロジーが融合したバイオ理工系分野の研究者・技術者を育成します。とりわけ、ウェット系とドライ系のバランスがとれた科学技術リテラシーを有し、新規の分野を開拓する力をもった、国際的に活躍できる人材を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

本専攻の博士後期課程では、ウェット系とドライ系のバランスがとれた科学技術リテラシーを有し、世界最高レベルの研究・技術開発を推進して学際的な新規分野を開拓、先導するバイオ理工系のリーダーとして、豊かな国際社会の発展に貢献できる卓越した人材を養成します。

 

生物プロセス専攻

修士課程

人材養成の目的

生物プロセス専攻は、生物や生物機能を物質生産や環境・医療分野に役立てることを目指し、生物工学分野の十分な学力とそれに裏打ちされた独創性豊かな発想力と解析力を備えた研究者・技術者の養成を行います。

博士後期課程

人材養成の目的

生物プロセス専攻博士後期課程は分子レベルから微生物・細胞レベル、さらには個体レベルのそれぞれに焦点を当てた世界最高レベルの研究開発を推進するとともに、その先導的な研究開発環境の中で「学生自らが考える」ことに重点を置いた大学院教育を実施し、生物工学分野を先導・牽引する最高学府に相応しい教育を行います。

 

生体分子機能工学専攻

修士課程

人材養成の目的

生体物質の機能発現メカニズムを分子レベルで究明する能力、それをさらに応用に結び付ける工学的素養、幅広い理工系基礎専門学力に基づく生命工学分野の統合的理解力と高い倫理観、さらに専門に即した英語の語学力とコミュニケーション能力をもった研究者、技術者たる人材を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

博士課程においては、修士課程で得た能力をさらに深化させ、世界最高レベルの研究を推進できるとともに、国際的にリーダーシップを発揮できる研究者、技術者、教育者たる人材を養成します。

 

 

大学院総合理工学研究科

教育目標

大学院総合理工学研究科では、異分野の研究者・技術者とも積極的に交流して、新しい科学技術分野を開拓創造しうる基礎的な知識と、高度な思考能力と高い倫理観を持ち、豊かで安全で持続可能な社会を実現するために必要な様々な科学技術に対して柔軟に対応できる国際性豊かな人材を養成することを目的とします。

 

物質科学創造専攻

修士課程

人材養成の目的

本課程では、安全にかつ安心して暮らすことのできる持続可能な社会を実現するために、既存の概念を超えた新しい機能と物性を持った極限物質・極限材料の創製において、グローバルな視野と総合的判断力を有し、企画力・創造的実践力と指導力を発揮して社会に貢献できる研究者及び技術者を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

本課程では、修士課程において養成する人材の備える能力を前提に、新しい知や技術を見出し、その領域を開拓・発展させる実践的能力に加え、国際的にリーダーシップを発揮できる、より高度な研究者及び技術者を養成します。

 

物質電子化学専攻

修士課程

人材養成の目的

物質電子化学専攻では、基礎化学の習熟と広範な最先端化学に関する知識および技術の修得を通じて、多様化する科学技術の分野において、異分野の研究者・技術者とも積極的に交流できる高度かつ柔軟な思考力を養い、高い見識と倫理観のもとに社会の発展に貢献する国際性豊かな人材の養成を目指します。

博士後期課程

人材養成の目的

物質電子化学専攻では、先端的かつ創造的な学術研究・技術開発を推進するための高度な化学的専門知識と卓越した技術を有し、先見性、課題発掘能力および高い見識と倫理観をもって、世界的なレベルで将来の科学技術を牽引する研究者及び技術者の養成を目指します。

 

材料物理科学専攻

修士課程

人材養成の目的

材料科学および材料工学における基礎学力を身につけ、異分野の研究者・技術者と積極的に交流し、持続可能な社会の構築に向けた新技術の研究開発を推進する能力を有し、グローバル社会で活躍できる人材の養成を目的としている。

博士後期課程

人材養成の目的

材料科学および材料工学分野の専門学力を身につけ、異分野の研究者・技術者と英語でコミュニケーションするための基礎学力と積極性を有し、持続可能な社会の構築に向けた新技術を創成する能力を兼ね備える、卓越したグローバルリーダーの養成を目的としている。

 

環境理工学創造専攻

修士課程

人材養成の目的

本課程では、環境問題解決のための深い洞察力と具体的な環境政策立案能力を併せ持ち,国際社会で活躍できる総合的環境専門家の養成を目的としています。

博士後期課程

人材養成の目的

本課程では、環境問題解決のための深い洞察力と具体的な環境政策立案能力を併せ持ち,国際社会をリードする環境分野の先端的研究者および高度技術者の養成を目的としています。

 

人間環境システム専攻

修士課程

人材養成の目的

人間のより良い生活を支える安全で快適かつ文化的な環境を創生するための専門家として、基礎的専門知識と、高度な思考能力と倫理観をもって、幅広い視野に立ってグローバル社会で活躍できる人材を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

国際的に通用するリーダーとして、人間のより良い生活を支える安全で快適かつ文化的な環境の実現に向けて、科学・技術のフロンティアを開拓・牽引できる人材を養成します。

 

創造エネルギー専攻

修士課程

人材養成の目的

本専攻では,地球環境や社会システムと調和したエネルギー技術を開発できる高度な知識と幅広い見識を有する研究者および技術者を養成することを目的としています。

博士後期課程

人材養成の目的

本専攻では,高度な専門知識と幅広い視野,優れた課題設定能力をベースに,エネルギー,環境,およびそれらの境界領域において,国際的なリーダーとして活躍できる技術者・研究者の養成を目的としています。

 

化学環境学専攻

修士課程

人材養成の目的

化学環境学専攻は、「化学」を通じて自然環境と調和の取れた豊かな人間社会を醸成していくことができる人材の養成を目指しています。現代社会における化学領域の大学院教育は、環境を意識した思考を可能にする化学に関する十分な基礎学力と理工学の基礎専門力を教育研究の両輪として、環境調和型社会の実現を目指すことが、その重要なミッションです。
本専攻は、この目的を達成するために、しっかりとした化学的な基礎学力、環境科学への応用力、各分野の深い専門性とともに、社会性・国際性を身につけた科学者、技術者の育成を行います。

博士後期課程

人材養成の目的

修士課程で養成する人材の能力に加えて、最先端の研究能力を有し、国際的な視野に立って研究を実践し、指導出来る能力をもった研究者、技術者の養成を行います。

 

物理電子システム創造専攻

修士課程

人材養成の目的

情報技術を支えるエレクトロニクス・フォトニクス技術およびその基礎となる科学技術の分野で、新しい技術を開拓できる専門的基礎力、問題解決能力、新分野への柔軟な適応力、コミュケーション力、国際性を有する人材を育成します。

博士後期課程

人材養成の目的

情報技術を支えるエレクトロニクス・フォトニクス技術およびその基礎となる科学技術の分野で、異分野との融合にも柔軟に対応できる広い見識を持って新しい時代の社会の要請に応える新領域を開拓し、グローバル社会の中で高い倫理観を持ってリーダーシップを発揮できる研究者・技術者を育成します。

 

メカノマイクロ工学専攻

修士課程

人材養成の目的

本専攻では,マイクロメカトロニクス関連分野において,勉学と研究を通じて学生諸君の自己革新が可能な「場」を提供し,以下の目的のもとに人材養成を図ります。
1)研究テーマにおける課題を見極め、適切な目標設定,計画立案,実行ができる能力を養う。
2)社会への発信力を備え,技術的な成果を世界に普及する人材の輩出を図る。

博士後期課程

人材養成の目的

本課程では,各種研究・開発分野で要求されるマイクロメカトロニクス関連分野の高い専門性と同時に,工学に関する広い視野を身につけ,独立した研究者としての自覚をもち,将来,研究・開発分野で指導的な立場に立てる人材の育成を図ります。また,企業等に勤務しながら博士号取得を目指す「社会人大学院プログラム」も用意されており,仕事に携わる傍らアカデミックな視点から専門分野を総括できる人材も育成します。

 

知能システム科学専攻

人材養成の目的

イ) システム科学の素養
A) 異分野のシステムにも平然と対峙することができ、
B) システム解析・合成のあらゆる局面における問題設定能力および問題解決能力の基盤となるシステム科学の素養、すなわちシステムの背後に潜む事柄を抽象化し数理的に考察するために必要な体系的知識を有する一方で、
ロ) 実践経験
A) 自らが取り組んだひとつの専門分野におけるひとつの具体的課題をとことんまで深く探求し、
B) 必要に応じて異分野・異文化の多様なメンバーからなるチームによる問題解決を実践した経験を有するような
ハ) グローバル社会における様々な難局に立ち向かう上で欠くことのできない、領域横断型人材養成を目的とする。

 

物理情報システム専攻

修士課程

人材養成の目的

人間中心の情報融合システムを切り拓くための専門的基礎力、異分野融合の問題解決能力、新分野への柔軟な適応力、コミュケーション力、国際性を有する人材を育成します。

博士後期課程

人材養成の目的

人間中心の情報融合システムを切り拓くための専門力をもち、現在・未来の社会の要請に基づく新しい課題の設定と異分野融合による新領域の開拓ができる人材、強い倫理観を持ってグローバルなリーダーシップを発揮できる研究者・技術者を育成します。

 

 

大学院情報理工学研究科

教育目標

情報理工学は,情報やそこから得られる知識に着目して,コンピュータなどで処理することにより,社会や環境に役立つシステムを作る,あるいはその方法について考える幅広い学問領域です。この広い範囲を対象として,数理・計算科学,計算工学,情報環境学の教育と研究を行っています。
本研究科では,大学院の各課程において養成する人材像,および,そのために学生が修得する能力を次のように定めます。

養成する人材像(大学院修士課程)

情報理工学の専門家として,広く社会で活躍できる創造的で柔軟な思考を備えた人材

養成する人材像(大学院博士後期課程)

高度な専門性を持ち,情報理工学のフロンティアを切り開く国際的に通用するリーダー

 

数理・計算科学専攻

修士課程

人材養成の目的

数理科学と計算機科学の理論を学生が幅広く確実に理解し,それを応用できる基礎技能を修得するための教育を行います。グローバルな社会の現代的で高度かつ複雑な諸問題に対し,情報の数理モデルによる定式化と解析法を提案でき,さらにそれらを計算機上で実体化し処理するシステムを構築できる実践的な問題解決能力を備えた人材を育成します。

博士後期課程

人材養成の目的

数理科学と計算機科学に対する深い理解と学識を背景に,自らの研究を深化または創始し,現代社会の諸問題を解決する新しいアプローチを提案・主導できる,研究遂行能力を備えた人材を育成します。研究機関や企業の現場で国際的に通用するリーダーとして,科学・技術のフロンティアを開拓,牽引できる有為な人材を養成します。

 

計算工学専攻

修士課程

人材養成の目的

高度情報化社会において必要不可欠な社会基盤であるコンピュータ・システムに関して,システム・アーキテクチャから応用ソフトウェアまでの幅広い専門知識を基礎理論と実践力の両面から修得し,その知識を総合的に駆使して社会に貢献できる人材を育成します。

博士後期課程

人材養成の目的

高度情報化社会において必要不可欠な社会基盤であるコンピュータ・システムに関して,システム・アーキテクチャから応用ソフトウェアまでの幅広い専門知識を「計算」という概念を軸に総合的に修得し,その知識を駆使して様々な問題に対する問題解決能力,企画力,指導力を兼ね備えた人材を育成します。

 

情報環境学専攻

修士課程

人材養成の目的

高度情報化社会における人間と機械の共生環境や都市・地域・地球環境を対象として,環境の理解・記述・予測・制御のために,高度な専門知識と最先端の情報科学・技術を活用し,実社会に貢献できる人材を養成します。

博士後期課程

人材養成の目的

高度情報化社会における人間と機械の共生環境や都市・地域・地球環境を対象として,環境の理解・記述・予測・制御のために,高度な専門学力と確かな実践力をもとに本物を希求し,情報環境学を統合的に展開・発展させ,豊かな国際社会の実現に貢献できる人材を養成します。

 

 

大学院社会理工学研究科

教育目標

情報技術、バイオテクノロジー、新素材などの先端技術の飛躍的な発展とともに、21世紀初めに先進諸国は「超産業社会」の段階を迎えます。ここにおいて、人々は技術の恩恵の下で新たな可能性を手に入れる一方で、地球環境の悪化や技術をめぐる国家間の対立が顕在化しつつあります。また遺伝子操作のような、人間の根幹に関わる技術の出現によって、科学技術と人間の軋轢が深刻化し始めています。
このような問題を解決するには、超産業社会が内包する問題群を理論的に定式化し、これらを解決する具体的手段を提供し、科学技術と人間社会のインタフェースをうまく設計、実装、運用し、あるいはそれらを支援するための理論や方法論を研究・開発できる人材が必要です。
本研究科ではそれら多様なニーズに対応できるバラエティ豊かな人材を養成することを目標とし、大学院の各課程において養成する人材像、および、そのために学生が習得する能力を次のように定めます。

修士課程

人材養成の目的

超産業社会が内包する問題群を解決可能な形に定式化する上で必要な理論的枠組みを理解し、科学技術と人間社会のインタフェースを設計、実装および運用するために必要な方法論を修得した上で、グローバル社会で活躍できるコミュニケーション能力を有した人材

博士後期課程

人材養成の目的

国際的に通用するリーダーとして、既存の理工学や人文・社会科学の枠を超え、科学技術と人間社会のインタフェースをとるための新たな理論、方法、学術的知見を生み出すことのできる人材

 

人間行動システム専攻

修士課程

人材養成の目的

本専攻は、人間の認知、情意、運動領域に関わるさまざまな活動を人文・社会科学や理学的・工学的手法を用いて解析・モデル化し、その成果を教育訓練、製品開発、システム設計等に応用するための工学的手法の確立に結びつけるための研究を行っている。そのような研究および実践が行えるよう、認知科学、教育学、生理学、言語理論、人間科学、統計学、教育工学、生体工学、情報学等、人文・社会科学と理工学との学際領域で人間を対象とした研究や実践で必要となる共通的な素養と、それぞれの応用領域で必要となる専門的素養の両方を兼ね備えた人材を養成することを目的としている。
本課程では、人文・社会科学と理工学との学際領域で人間を対象とした研究や実践で必要となる共通的な素養と、それぞれの応用領域で必要となる専門的素養の両方を兼ね備えた人材、特に修士課程では応用研究に携われるように、実践的問題解決力や協働で問題解決する際に必要なコミュニケーション力を備えた人材を養成することを目的としている。

博士後期課程

人材養成の目的

本専攻は、人間の認知、情意、運動領域に関わるさまざまな活動を人文・社会科学や理学的・工学的手法を用いて解析・モデル化し、その成果を教育訓練、製品開発、システム設計等に応用するための工学的手法の確立に結びつけるための研究を行っている。そのような研究および実践が行えるよう、認知科学、教育学、生理学、言語理論、人間科学、統計学、教育工学、生体工学、情報学等、人文・社会科学と理工学との学際領域で人間を対象とした研究や実践で必要となる共通的な素養と、それぞれの応用領域で必要となる専門的素養の両方を兼ね備えた人材を養成することを目的としている。
博士後期課程では、人間行動システム学と呼ぶべき新たな学問領域を創造する意欲を持ち、既存の枠組みや手法にとらわれずに新たな概念、理論、手法等を探求・提案し、その意義を発信できる人材の養成を目的としている。

 

価値システム専攻

修士課程

人材養成の目的

価値システム専攻は、「知の融合」・「知の創造」・「知の実践」を理念としています。すなわち、専門的な学問領域の枠を超えて知を融合し、そこから新しい知を創造すること、そして得られた知を実践に役立てることです。その実現のために、価値システム専攻は、哲学(自然言語を操る能力)と数学(形式言語を操る能力)の体系的で徹底した訓練を通じて、複雑で困難な課題に対して高度な価値判断と速やかな意思決定を下すことのできる、新しいタイプのリーダーを養成することを目的としています。
価値システム専攻は、次のような人材を輩出することを目標としています。
官民を問わず、広い業界で、リーダーとして高度な価値判断と速やかな意思決定の能力を発揮する人材

博士後期課程

人材養成の目的

価値システム専攻は、「知の融合」・「知の創造」・「知の実践」を理念としています。すなわち、専門的な学問領域の枠を超えて知を融合し、そこから新しい知を創造すること、そして得られた知を実践に役立てることです。その実現のために、価値システム専攻は、哲学(自然言語を操る能力)と数学(形式言語を操る能力)の体系的で徹底した訓練を通じて、複雑で困難な課題に対して高度な価値判断と速やかな意思決定を下すことのできる、新しいタイプのリーダーを養成することを目的としています。
価値システム専攻は、次のような人材を輩出することを目標としています。
「知の融合」・「知の創造」・「知の実践」という理念を体現し、価値判断と意思決定の専門家・研究者として社会に貢献する人材

 

経営工学専攻

修士課程

人材養成の目的

経営工学専攻では、経営(マネジメント)活動における価値創造のプロセスを、科学的視点から数理的、工学的あるいは人文社会学的アプローチにより解決できる幅広い専門知識を持つ人材を養成します。そのために、人間の活動を含む複雑な経営活動を理解する力、自ら問題を発見する力、問題を深く理解し研究する力、問題に応じた適切な解決方法を探す力、問題に挑戦し解決する力、高いコミュニケーション力を持ち、そして人間性尊重の精神と技術者倫理を合わせ持った人材を育成します。

博士後期課程

人材養成の目的

経営工学専攻では、経営(マネジメント)活動における価値創造のプロセスを、科学的視点から数理的、工学的あるいは人文社会学的アプローチにより研究・創造できる、世界をリードする研究者および実務者を養成します。そのために、人間の活動を含む複雑な経営活動を理解し、自ら問題を発見・研究し、問題に果敢に挑戦・解決できる能力を持つ人材を育成します。

 

社会工学専攻

修士課程

人材養成の目的

本課程では、21世紀の高度に技術化した社会における様々な問題に対して、その解決のための理論の構築と実践が出来る広い視野を持つリーダーとなる研究者および専門家を養成します。基本となる哲学、コミュニケーション力、および社会的な評価方法と最先端の専門知識を学習するため、修士課程では、制度設計理論(経済学)プログラム、公共システムプログラム、時空間デザインプログラムの3つのプログラムを提供しています。

博士後期課程

人材養成の目的

本課程では、21世紀の高度に技術化した社会における様々な問題に対し、その解決のための理論の構築と実践が出来る広い視野を持つリーダーとなる研究者および専門家を養成します。基本となる哲学、コミュニケーション力、および社会的な評価方法と最先端の専門知識を学習するため、博士課程には、ニューパラダイムコースとノンプロフィットマネージメントコースの2つのコースを設置しています。

 

 

大学院イノベーションマネジメント研究科

技術経営専攻

人材養成の目的

イノベーション創出のリーダーとして、科学・技術を活用し、自ら理論を構築して産業や社会の発展に貢献する実務家を養成します。

イノベーション専攻

人材養成の目的

科学・技術の分野における最先端の知識と理論に基づき、現代社会の諸問題に対して科学的に解決することができる人材を養成します。