人材養成の目的/教育目標(各学部・学科) | 東京工業大学 教育・国際連携本部


人材養成の目的/教育目標(各学部・学科)

理学部

工学部

生命理工学部

理学部

人材養成の目的(養成する人材像)

理学部は,高い理学的基礎学力を身につけ,自ら学び考え,未知の世界に挑戦できる人材を養成します。

教育目標

理学部は,自由な発想と知的好奇心に基づき,自然界に潜む法則性を解き明かすことにより,知の文化である理学を継承し,ひいては人類社会の進歩に貢献できる柔軟で論理的な思考力をもつ人材を育成します。理学部で学ぶ科目は,理学の先端的研究のみならず,工学的な研究・技術開発やその他の高度な専門的分野の基礎をともなっています。こうしたことから,理学部では,理学分野の研究を第一線で推進する人材や,社会の諸分野で理学的素養を発揮し活躍する多様な人材を育成します。

数学科

人材養成の目的

数学科は,しっかりした数学的素養をもち社会の各分野で活躍できる人材を養成します。

物理学科

人材養成の目的

物理学科は,自由な発想と知的好奇心に基づき,自然界に潜む法則性を解き明かすことにより,知の文化である物理学を継承し,ひいては人類社会の進歩に貢献できる柔軟で論理的な思考力をもつ人材を育成します。物理学科で学ぶ科目は,自然科学の先端的研究のみならず,工学的な研究・技術開発やその他の高度な専門的分野の基礎をともなっています。こうしたことから,物理学科では,自然科学分野の第一線で最先端の研究を推進する人材や,社会の諸分野で理学的素養を発揮し活躍する多様な人材を育成します。物理学の高い基礎学力を身につけ,自ら学び考え,未知の世界に挑戦できる人材の育成を目指しています。

化学科

人材養成の目的

化学科では,化学という学問を,人類の知的資産である文化の一つとして位置づけています。そして,単なる知識の修得に止まらず自由な発想で化学という学問を担っていく人材,化学を通して豊かな社会に寄与できる人材の育成を目指しています。化学に関する高い基礎学力と,それに裏付けられた解析力及び洞察力を身につけ,自ら学び考え,未知の世界に挑戦できる人材を養成します。

情報科学科

人材養成の目的

情報科学科では,情報科学の理論と応用の基礎を体系的に学ぶことを第一の目標にします。
情報科学は大別して数理科学と計算機科学の二つの分野から成り立ちます。数理科学は現実社会の様々な問題を数学的なモデルに還元して捉え,それによる問題の理解と解決法を探ります。計算機科学は計算機自体とそれを動かすソフトウェアの理論,そして実際に計算機で計算する手順である計算機アルゴリズム理論から構成されます。
情報科学科では現代社会を支える数理科学と計算機科学の理論の基礎を体系的に学習し,それを社会で実際に役立てることのできる人材,そして大学院で更に高度な情報科学の理論を学ぶために不可欠な知識と能力を備えた人材を養成することを目的とします。

地球惑星科学科

人材養成の目的

地球惑星科学科では,地球・惑星の諸現象を理解するために必要な基本的学力を持ち,複雑な現象も科学的に理解しようとする人材を養成します。

工学部

人材養成の目的

工学的知識の習得を通じて,高い知性と豊かな教養,国際的な広い視野と深い思考能力を備え,社会と技術の変化に柔軟に適応でき,産業,学術,政策等の分野において確固たる倫理観・技術観に基づいた指導者的役割を果たすことのできる創造性豊かな人材を育成します。

教育目標

工学部では,「人類と社会の持続的発展に貢献する独創性に優れた工学的叡智の伝承と創造により理工融合の卓越した学術・技術そして人材の創出」を理念としています。この理念に沿って,理工学分野の基礎的知識とともに専門的知識と技術を体系的に修得し,生涯を通じて学び続ける基礎的な能力,知識の活用能力及び創造性を培い,科学技術が社会に果たす役割と使命を理解し,関連分野を先導するグローバルな人材に求められる基盤的能力を養う持続発展的教育を実施します。

金属工学科

人材養成の目的

1960年代,科学技術により,我々は高度経済成長を経験する一方で,公害という大きな問題を引き起こした。我々はその問題を科学技術により乗り越えたが,今また,他の国や地域では同様の問題が顕在化している。さらに,世界的には,地球温暖化の問題が深刻化している。現在ほど,地球的規模でエネルギーと環境の問題を克服すべきときはない。金属工学科では,「人類の進歩と地球との調和」を常に念頭に置き,知識と知恵に基づいて,地球的規模の観点から多角的に物事を考え,それを実行できる人材の育成を目指しています。

有機材料工学科

人材養成の目的

有機材料工学科では,天然及び合成の有機物から,人類の発展を支える材料を創出する能力と志を持った人材の育成を目指しています。学問の発展に伴い,材料創出に必要な知識量は膨大に増加しました。このため,有機材料工学科では,大学院修士課程における教育も視野にいれ,学部では最先端の研究を行うための基盤となる系統的な知識が習得できるカリキュラムを用意するとともに,コロキウム等の少人数講義を通して自ら行動する人の育成を行っています。

無機材料工学科

人材養成の目的

無機材料工学科では,材料科学の幅広い知識と無機系工業材料の製造,利用などに関する基礎的知識を習得すると共に,豊かな人間性と総合的判断力を兼ね備え,将来無機材料分野の指導的技術者,研究者となる人材を養成することを目指しています。

化学工学科(化学工学コース)

人材養成の目的

化学工業の基本は,天然資源を化学的に有用な物質に変換する技術システムとそれらを工業生産していく技術システムにあります。化学工学科化学工学コースではこうした化学技術システムを広く体系的に教授して,化学技術を必要とするあらゆる分野で活躍できる工学的素養および創造力を持った技術者,研究者,教育者の養成を目指しています。

化学工学科(応用化学コース)

人材養成の目的

化学工学科応用化学コースでは、物質の性質・機能、ならびに分子の反応・変換を司る仕組みを原子・分子のレベルで理解し多様な化学工業分野への応用を図る理工学(応用化学)の基礎学力を習得し、環境・エネルギーやライフサイエンスの研究分野で研究開発能力を発揮できる、自立した人材を養成します。

高分子工学科

人材養成の目的

高分子工学科では,化学工業の中できわめて大きな分野を占める高分子化学工業を中心とし,関連する一般化学工業を含めた広い分野において,明るく住みやすい社会の発展に貢献する科学技術者及び研究者の育成を目指しています。

機械科学科

人材養成の目的

機械科学科は「21世紀の‘もの創り’の科学」をテーマに,環境と人間に調和した真に豊かな社会を建設するための科学技術の確立を目指して,現象の本質を分析し,その結果を統合・応用し,社会で生じる様々な問題について,その本質的・総合的把握と解決方法の具体的提案および実行の能力を身につけた先導的技術者・研究者・企業家等となる人材を育成します。

機械知能システム学科

人材養成の目的

機械知能システム学科では,「人間にやさしくかしこいものを,人間を大切にするシステムで,生み出すための新しい工学の創造」を目指しています。この理念に沿って,機械知能システム学課程では,機械工学の基盤分野に加え,高度な生産・加工技術,新エネルギー・情報・知能化システムなどに及ぶ広範囲な分野の学問を学習し,これらを総合する能力を身に付け,自ら新しい分野を開拓できる創造力をもつ技術者・研究者および教育者の育成を目的としています。

機械宇宙学科

人材養成の目的

機械宇宙学科では,最新の科学に基盤をおいた「宇宙に象徴される極限環境下において要求される高度の機械工学」(機械宇宙学)の基礎的素養に加えて,あらゆる知識を総合し,具体的な「もの」を作り上げる創造的システム開発能力と指導力・企画力などを兼ね備えた人材の育成を目指しています。

制御システム工学科

人材養成の目的

制御システム工学科では,自然界・社会における事象を,システムとして客観的に考察し,計測・制御するために必要な能力を養います。具体的には,計測・制御・システム科学の専門学力に加え,機械・電気・情報などの基礎学力を身につけ,現実と抽象表現を結ぶ柔軟な発想力・創造力を駆使し,新しいシステムの創造によって社会に貢献できる人材を養成します。

経営システム工学科

人材養成の目的

経営システム工学科では,経営(マネジメント)活動における価値創造のプロセスに伴う様々な問題を発見し,それを科学的視点から数理的あるいは工学的アプローチにより解決できる人材の育成を目指しています。そのために,人間の活動を含む複雑な経営活動を理解する力,自ら問題を発見する力,問題に応じた適切な解決方法を探す力,問題に挑戦し解決する力,高いコミュニケーション力を持ち,そして人間性尊重の精神と技術者倫理を合わせ持った人材を育成します。

電気電子工学科

人材養成の目的

電気電子工学科では,電力・通信・材料・エレクトロニクス・コンピュータなど多岐にわたる電気電子工学分野の基幹学問領域の素養を持ち,加えて広い視野と総合力を発揮して,産業・研究・教育・行政など幅広い分野において独自の視点から指導的活躍のできる人材を養成します。

情報工学科

人材養成の目的

情報化社会を実現するコンピュータと通信ネットワークの技術をソフトウェアとハードウェアの両面において支え,創造すると共に,産業,学術,政策等の分野において,専門知識に裏付けられた指導力を発揮して,国際的に活躍できる研究者・技術者の養成を目指します。

土木・環境工学科

人材養成の目的

土木・環境工学科では,土木・環境工学に関する基礎的知識と技術を修得するとともに,幅広い視野と倫理観を持ち,土木技術が自然環境や社会環境に及ぼす影響を理解した上で,自然および地球環境の保全と活用を図り,良質な社会資本を合理的に形成,維持,管理できる人材を育成することを目的としています。

建築学科

人材養成の目的

建築学は「学術」「技術」「芸術」を三位一体として成立し,歴史を通じてその時代の最先端技術を駆使し,未来に向けて建築や都市を創造することにより文明・文化の発展に大きく貢献してきた学問です。建築学科では,最新の科学に基盤をおいた工学・学術知識の基礎的素養に加え,複数の条件下における柔軟かつ自由な発想,思考,創造力および具体的な「もの」や「しくみ」を作り上げる企画力・指導力を兼ね備え社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

社会工学科

人材養成の目的

複雑多岐にして変幻自在な社会という巨大なカオスを対象とし,そのカオスに対して実験や調査,統計分析,理論抽出,モデル化やシミュレーションといった理系的な方法論を具備して対峙することで,重要な問題点を発見し,かつその解決策を導くことのできる人材の育成を目指しています。

国際開発工学科

人材養成の目的

国際開発工学科では,国際化した社会の中で地球規模に影響を及ぼす諸問題を,持続的発展を視野に入れながら科学技術により解決することを目指した学問である国際開発工学の基礎的な学力の涵養を目標としています。加えて,問題解決力,国際的なコミュニケーション力など,国際開発工学に関わる基礎能力を備えた,国際的活躍が期待できるポテンシャルの高いグローバルエンジニアの育成を目指しています。

生命理工学部

養成する人材像

理工系学士として,生物のしくみとそれを応用するための基礎専門学力や論理的思考力を有し,広域な科学技術に関する知的基盤を社会に還元できる人材

教育目標

生物のしくみを読み解き,工学的に応用展開する知的基盤の構築に貢献するとともに,その成果を高い倫理観と使命感をもって社会に還元することのできる理工系人材を養成します
生命理工学部は,理工学分野の基礎的知識や,バイオサイエンスとバイオテクノロジーに関連する科学的知識と技術を習得し,生命理工学分野を先導するための基礎的能力を養う学部教育を実施します。その教育目標は,生物の営みを支えるしくみを読み解き,工学的に応用展開する道を切り開くことにより,人類共有の知的基盤の構築に貢献するとともに,その成果を高い倫理観と使命感をもって社会に還元できる理工系人材を養成することです。

生命科学科

人材養成の目的

生命科学科は,理工学分野の基礎的知識や,バイオサイエンスに関連する科学的知識と技術を習得し,生命科学分野を先導するための基礎的能力を養う学部教育を実施します。その教育目標は,生物の営みを支えるしくみを読み解くことにより,人類共有の知的基盤の構築に貢献するとともに,その成果を高い倫理観と使命感をもって社会に還元できる理工系人材を養成することです。

生命工学科

人材養成の目的

生命工学科は,理工学分野の基礎的知識や,バイオテクノロジーに関連する科学的知識と技術を習得し,生命工学分野を先導するための基礎的能力を養う学部教育を実施します。その教育目標は,バイオサイエンスの発見を工学的に応用展開する道を切り開くことにより,人類共有の知的基盤の構築に貢献するとともに,その成果を高い倫理観と使命感をもって社会に還元できる理工系人材を養成することです。