学部・研究科の目的 | 東京工業大学 教育・国際連携本部


学部・研究科の目的

各学部

理学部

自由な発想と知的好奇心に基づき,自然界に潜む法則性を解き明かすことにより,知の文化である理学を継承し,ひいては人類社会の進歩に貢献できる柔軟で論理的な思考力をもつ理学人を育成する。

工学部

工学的知識の習得を通じて,高い知性と豊かな教養,国際的な広い視野と深い思考能力を備え,技術・社会の変化に柔軟に適合でき,確固たる倫理観・技術観に基づいて指導者的重責を果たすことのできる創造性豊かな人材を育成する。

生命理工学部

生物の営みを支えるしくみを読み解き,工学的に応用展開する道を切り開くことにより,人類共有の知的基盤の構築に貢献するとともに,その成果を高い倫理感と使命感を持って社会に還元することのできる有為な人材を育成する。

各研究科

理工学研究科

次条に定める理学系は,自然界に潜む普遍的な法則性を解き明かすことにより,人類が継承すべき知の文化を究めるとともに,先鋭的な理学研究を自ら開拓し,国際的な研究活動を牽引する人材及び幅広い理学的素養を有し,産業界で活躍できる人材を育成する。
次条に定める工学系は,人類と社会の持続的発展に貢献するために,理工融合の卓越した学術・技術を創生するとともに,透徹した論理能力と最新の技術・思想についての深い洞察,国際的な情報発信力を備え,確固たる倫理観に基づいて,世界を先導する人材を育成する。

生命理工学研究科

最先端技術を用いて複雑精緻な生体の構造と機能を解明し,その成果を応用に結びつけるとともに,生命への畏敬の念と倫理観を備え,バイオサイエンスとバイオテクノロジーに関連した分野の発展に貢献できる卓越した人材を育成する。

総合理工学研究科

新分野の開拓を行い新しい学問領域を創造する「創造専攻群」と学際分野の深化と定着を目的とする「学際専攻群」との有機的な関連において,理工融合の学術・技術の発展に寄与するとともに,資源循環型の豊かで安全な社会を実現するために必要な様々な科学技術に柔軟に対応できる人材を育成する。

情報理工学研究科

情報とその処理を常に新たな視点で追求することを基本とし, 数理科学,計算科学,計算機システム,情報処理システム及び情報化を追求する実社会の具体的対象の情報とその処理などの情報理工学の諸分野において,国際的な学術活動を牽引するとともに,情報理工学の基礎から具体まで幅広く対応できる人材を育成する。

社会理工学研究科

21世紀社会が内包する問題群を理論的に定式化するために,人間と社会の諸原理を多面的に明らかにし,これらを解決する具体的手段を提案するとともに,科学技術と人文社会芸術分野の双方にまたがる強靱な思考力を備え,人間と科学技術が調和した社会の創出に寄与できる人材を育成する。

イノベーションマネジメント研究科

技術を創造し,知的資産として事業化・社会化するイノベーション創出サイクルのマネジメントに秀でた実践的人材と研究者を育成する。