入学者に求める能力と適性(各研究科専攻)※平成27年度入学まで | 東京工業大学 教育・国際連携本部


入学者に求める能力と適性(各研究科専攻)※平成27年度入学まで

大学院理工学研究科(理学系)

大学院理工学研究科(工学系)

大学院生命理工学研究科

大学院総合理工学研究科

大学院情報理工学研究科

大学院社会理工学研究科

大学院イノベーションマネジメント研究科

大学院理工学研究科(理学系)

修士課程

理系大学院では、自然科学への知的好奇心と探究心を有し、基本的な概念や考え方、応用力を身に付けた人材を求めます。具体的には次のような項目に該当する人材です。
・自然科学の根本への探究心を有している
・自然科学の基本的な概念や考え方を身に付け、応用できる力を有している
・論理的に思考し、集中してものごとに取り組むことができる
・専門教育で必要となる基礎的な語学力を有している

博士後期課程

理系大学院の高度な専門的研究を遂行するに足る基礎学力と知的好奇心と創造性をもつ人材を求めます。具体的には次のような項目に該当する人材です。
・理系専門分野の研究を推進するために必要な学力を備えている
・理系専門分野の研究を推進するために必要な、実践的な問題解決力、創造力を備えている
・国際的な活躍に必要となる語学力を有している

数学専攻

修士課程

数学専攻では、数学への知的好奇心と探究心を有し、基本的な概念や考え方、応用力を身に付けた人材を求めます。具体的には次のような項目に該当する人材です。
・数学の根本への探究心を有している
・数学の基本的な概念や考え方を身に付け、応用できる力を有している
・論理的に思考し、集中してものごとに取り組むことができる
・数学課程で必要となる基礎的な語学力を有している

博士後期課程

数学専攻では、数学の専門的研究を遂行するに足る数学に関する基礎学力と知的好奇心と創造性をもつ人材を求めます。
具体的には次のような項目に該当する人材です。
・数学の研究を推進するために必要な学力を備えている
・数学の研究を推進するために必要な、実践的な問題解決力、創造力を備えている
・国際的な活躍に必要となる語学力を有している

基礎物理学専攻

修士課程

基礎物理学専攻では、自然現象への知的好奇心を有し、基本的な物理学の概念や考え方、応用力を身に付けた人材を求めます。具体的には次のような項目に該当する人材です。
・物理学の根本原理への探究心を有している
・物理学の基本的な概念や考え方を身に付け、応用できる力を有している
・論理的に思考し、集中してものごとに取り組むことができる
・専門教育で必要となる基礎的な語学力を有している
・自然科学を探求し、科学・技術の発展に貢献する意欲を有している

博士後期課程

基礎物理学専攻では、自然現象への知的好奇心を有し、素粒子・原子核から宇宙分野までの基礎物理学分野における基礎学力と応用力を身に付け、創造性をもつ人材を求めます。具体的には次のような項目に該当する人材です。
・基礎物理学の研究を推進するために必要な学力を備えている
・基礎物理学の研究を推進するために必要な、実践的な問題解決力、創造力を備えている
・国際的な研究活動を推進できる語学力、議論する能力を有している

物性物理学専攻

修士課程

物性物理学専攻では、自然現象への知的好奇心を有し、基本的な物理学の概念や考え方、応用力を身に付けた人材を求めます。具体的には次のような項目に該当する人材です。
・物理学の根本原理への探究心を有している
・物理学の基本的な概念や考え方を身に付け、応用できる力を有している
・論理的に思考し、集中してものごとに取り組むことができる
・専門教育で必要となる基礎的な語学力を有している
・自然科学を探究し、科学・技術の発展に貢献する意欲を有している

博士後期課程

物性物理学専攻では、自然現象への知的好奇心を有し、物性物理学の基礎学力と応用力を身に付け、創造性をもつ人材を求めます。具体的には次のような項目に該当する人材です。
・物性物理学の研究を推進するために必要な学力を備えている
・多様な物性物理に関する研究を通じて、問題解決能力や創造力を備えている
・国際的な場で研究活動を推進できる語学力を有している

化学専攻

修士課程

化学専攻では、広く物質の関わるさまざまな現象に知的好奇心と探究心を有し、基本的な概念や考え方を身に付けた人材を求めます。具体的には次のような項目に該当する人材です。
・広く物質の関わるさまざまな現象に好奇心と探求心を有している
・化学の基本的な概念や考え方を身に付けている
・論理的に思考し、集中してものごとに取り組むことができる
・専門教育で必要となる基礎的な語学力を有している

博士後期課程

化学専攻では、広く物質の関わるさまざまな現象に知的好奇心と探究心を有し、新たな研究を展開する強い意欲を持つ人材を求めます。具体的には次のような項目に該当する人材です。
・広く物質の関わるさまざまな現象に好奇心と探求心を有している
・論理的に思考し、集中してものごとに取り組むことができる
・新たな研究を主体的に遂行しようとする高い意欲を有している
・国際的な活躍に必要となる語学力を有している

地球惑星科学専攻

修士課程

地球惑星科学専攻では、次のような能力と適性をもった人材を求めます。
・地球・惑星の諸現象に科学的好奇心を有している
・数学・物理学・化学・地球科学などの基本学力を身に着けている
・論理と定量的評価に基づいた科学的思考ができる
・専門教育で必要となる基礎的な語学力を有している

博士後期課程

地球惑星科学専攻では、次のような資質と能力をもった人材を求めています。
・地球・惑星の諸現象に科学的好奇心を有している。
・数学・物理学・化学・地球科学などの基本学力を身に着けている。
・論理と定量的評価に基づいた科学的思考に基づき、新たな研究を主体的に推進する能力がある。
・国際的な場で活躍するために必要な基礎的な語学力を有している。

物質科学専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもった人材を求めます。
・物質・材料とそれに関連する化学・物理現象に対して強い興味を有し、その理解を支える理工系の基礎学力を有している。
・物質科学に関連する基礎的な専門学力を有しつつ、既存の枠にとらわれない自由な発想が可能である。
・物質科学の学習・研究活動を通して、自らが人間的に成長したいという希望を有している。また、社会の仕組みと成り立ちを理解し、物質科学の知見を活かして社会や人類の発展に寄与する志を有している。
・物質科学の学際性を支えるべく、異分野/異文化とのコミュニケーションと相互理解に意欲的である。
・専門教育で必要となる外国語(英語)の基礎的な学力を有している。

博士後期課程

本専攻の修士課程において求めた能力と適性に加え、将来の博士に相応しい高い志を有し、知のフロンティアを自ら開拓する強い意欲と実行力を有する人材を求めます

大学院理工学研究科(工学系)

修士課程

・理工系基礎学力を有し,それに基づいて論理的に思考し,表現できる
・豊かで幅広い知識を有し,様々な視点から多面的にものごとを捉えることができる
・国際的な視野から研究・技術開発を進めるために必要な語学力を有している
・未知の世界に果敢に挑む旺盛な研究意欲を有している

博士後期課程

・問題の多面的な理解に必要な幅広い専門学力,およびそれに基づく実践的な問題解決力を有している
・専門分野の知識に新しい知見を加えて,自在に活用できる
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力を有している
・高い志で知のフロンティアを自ら開拓する強い意欲を有している

物質科学専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもった人材を求めます。
・物質・材料とそれに関連する化学・物理現象に対して強い興味を有し、その理解を支える理工系の基礎学力を有している。
・物質科学に関連する基礎的な専門学力を有しつつ、既存の枠にとらわれない自由な発想が可能である。
・物質科学の学習・研究活動を通して、自らが人間的に成長したいという希望を有している。また、社会の仕組みと成り立ちを理解し、物質科学の知見を活かして社会や人類の発展に寄与する志を有している。
・物質科学の学際性を支えるべく、異分野/異文化とのコミュニケーションと相互理解に意欲的である。
・専門教育で必要となる外国語(英語)の基礎的な学力を有している。

博士後期課程

本専攻の修士課程において求めた能力と適性に加え、将来の博士に相応しい高い志を有し、知のフロンティアを自ら開拓する強い意欲と実行力を有する人材を求めます。

材料工学専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性を持つ人材を求めます。
・ 理工系の十分な基礎学力を有し、柔軟な発想ができること
・ 未知の研究領域に興味を持ち、果敢に挑戦する気概、積極的に学ぶ意欲を有すること
・ 社会を支える材料工学の役割および新規材料開発の意義を理解し、社会に貢献する志を有すること
・ 日本語および英語による文章力、説明力を駆使して自身の考えを自由に表現できること

博士後期課程

修士課程で身につけるべき能力を備えていることに加えて、未知の領域を開拓する強い意志と実行力を有していることが望まれます。

有機・高分子物質専攻

修士課程

専攻では、次のような人材を求めます。
・理工系を中心として幅広い分野について十分な基礎学力および知識を有し、柔軟な発想ができること
・物質・材料に興味を持ち、果敢に挑戦する気概、積極的に学ぶ意欲を有すること
・有機・高分子物質学の知見を活かして社会の発展に貢献する志を有すること
・国際的な視野から研究・技術開発を進めるために必要な語学力を有すること

博士後期課程

本専攻では、次のような人材を求めます。
・理工系を中心として幅広い専門学力、および、それに基づく実践的な問題解決力を有していること
・有機・高分子物質科学の専門知識に新しい知見を加えて、自在に活用できること
・国際的に通用するコミュニケーションの基礎能力を有していること
・高い志で知のフロンティアを自ら開拓する強い意欲を有していること

応用化学専攻

修士課程

本応用化学専攻は、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工系の十分な基礎学力と応用化学系の基礎専門力を有し、問題解決に向けての強い意欲があること
・未知の研究領域に興味をもち、果敢に挑戦する気概、積極的に学ぶ意欲を有すること

博士後期課程

本応用化学専攻では、次のような資質と能力をもつ人材を求めます。
・理工系の十分な基礎学力と応用化学系の専門学力を有し、実践的に問題解決できること
・日本語および英語による論理構成・文書化能力を有し自分の考えを表現できること
・将来の研究の主流をつくる、インパクトの大きな研究を創り出す意欲を有すること
・未知の研究領域に興味をもち、果敢に挑戦する気概、積極的に学ぶ意欲を有すること

化学工学専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工系の十分な基礎学力と化学工学の基礎専門力を有し、柔軟な発想ができること
・化学とその応用分野に興味を持ち、果敢に挑戦する気概、積極的に学ぶ意欲を有すること
・化学プロセスのみならず環境、エネルギー、材料の幅広い分野を理解し、化学工学の専門知識を生かして社会の発展に貢献する志を有すること
・日本語および英語による説明能力と文書化能力を有すること

博士後期課程

本課程では,次のような資質と能力をもつ人材を求めます。
・理工系の十分な基礎学力と化学工学の基礎専門力を有し,それに新しい知見を加えて,自在に活用できる
・化学および化学技術分野における問題を多面的に理解し,専門知識に基づく実践的な問題解決力を有している
・化学プロセスのみならず環境,エネルギー,材料の幅広い分野を理解し,高い志で知のフロンティアを自ら開拓する強い意欲を有している
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力を有している

機械物理工学専攻

修士課程

本専攻では次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理数分野について十分な基礎学力と応用力を有する人
・学際的・先進的・発見的な機械工学を探求する意欲を有する人
・新たな普遍的工学原理や工学理念の創出に果敢に挑戦する意欲を有する人

博士後期課程

入学者に求める能力と適性=
・修士課程で掲げた資質と能力について高いレベルでこれらを満足している人。
・修士課程における教育内容について高いレベルでこれを身につけている人。
・未知の分野を自ら開拓していく意気込みを有する人。

機械制御システム専攻

修士課程

本課程では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工系の十分な基礎学力と機械・制御情報系の基礎専門力を有し、柔軟な発想ができること
・未知の研究領域に興味を持ち、果敢に挑戦する強い意志、積極的に学ぶ意欲を有すること
・社会システムを理解し、機械制御システムの知見を活かして社会の発展に貢献する志を有すること
・論理的説明能力と文書化能力を有すること

博士後期課程

本課程では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工系の十分な学力と高度な機械・制御情報系の専門力を有し、柔軟な発想ができること
・未知の研究領域に興味を持ち、果敢に挑戦する気概、積極的に学ぶ意欲、研究遂行への強靭な意志を有すること
・社会システムを理解し、機械制御システムの知見を活かして社会の発展並びに後進の育成に貢献する志を有すること
・国際的に活躍できる説明能力と文書化能力を有すること

機械宇宙システム専攻

修士課程

本専攻では,次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理数分野を中心として幅広い分野について十分な基礎学力と基礎専門力を有し、柔軟な発想ができること
・宇宙分野に代表される未知の研究領域に興味を持ち、果敢に挑戦する気概を有すること
・最先端の研究を通じて広範で実践的な工学知識を積極的に習得する意欲を有すること
・社会システムを理解し、機械工学の知見を活かして社会の発展に貢献する志を有すること
・日本語および英語による説明能力と文書化能力を有すること

博士後期課程

本専攻では,次のような資質と能力をもつ人材を求めています。
・理数分野の十分な基礎学力と高度な機械工学の専門力を有し、多面的な理解ができること
・宇宙分野に代表される未知の最先端な研究領域に興味を持ち、果敢に挑戦する気概、研究遂行への強靭な意志を有すること
・社会の発展に貢献するため、研究プロジェクトを自ら組織する気概を有すること
・グローバルな研究交流において必要とされるコミュニケーション能力、文書化能力を有すること

電気電子工学専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・電気電子工学分野での十分な基礎学力を有し、柔軟な発想ができること
・未知の研究領域に興味を持ち、果敢に挑戦する気概、積極的に学ぶ意欲を有すること
・コミュニケーション能力と文書作成能力の基礎を有すること

博士後期課程

本専攻の博士課程では次のような資質と能力をもつ人材を求めます。
・電気電子工学の専門分野に関する深い探究心と洞察力を有していること
・未知の研究領域に果敢に挑戦し、新たな研究分野・学問分野を創成する気概、積極性を有すること
・国際社会の発展にリーダーシップを発揮する志を有すること
・十分なコミュニケーション能力と論理的文書作成能力を有すること

電子物理工学専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・電子物理工学分野での十分な基礎学力を有し、柔軟な発想ができること
・未知の研究領域に興味を持ち、果敢に挑戦する気概、積極的に学ぶ意欲を有すること
・コミュニケーション能力と文書作成能力の基礎を有すること

博士後期課程

本専攻の博士課程では次のような資質と能力をもつ人材を求めます。
・電子物理工学の専門分野に関する深い探究心と洞察力を有していること
・未知の研究領域に果敢に挑戦し、新たな研究分野・学問分野を創成する気概、積極性を有すること
・国際社会の発展にリーダーシップを発揮する志を有すること
・十分なコミュニケーション能力と論理的文書作成能力を有すること

集積システム専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工学の幅広い分野に興味をもち、十分な基礎学力と柔軟性をもっている人
・自ら新しい問題に挑戦し、それに粘り強く取り組むことのできる人
・日本国内のみでなく、世界を見据えて学習や研究に取り組むことのできる人
・より高性能で使いやすい情報通信システムの実現を通して社会の発展に貢献する志をもつ人

博士後期課程

本専攻では、次のような資質と能力をもつ人材を求めます。
・問題の多面的な理解に必要な幅広い専門学力、及びそれに基づく実践的な問題解決力を有すること
・専門分野の知識に新しい知見を加えて、創造的提案ができること
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力を有すること
・高い志で知のフロンティアを自ら開拓する強い意欲を有すること

土木工学専攻

修士課程

本専攻修士課程では、次のような人材を求めます。
・理工系基礎学力を有し、論理的かつ多面的な発想ができること
・土木技術や社会基盤に関連する幅広い知識を有し、積極的に学び研究する意欲を有すること
・国際的な視野から研究開発を進めるために必要な語学力を有していること
・土木工学の知見を活かし、安全で環境に調和した社会の形成に貢献する高い志を有すること

博士後期課程

本専攻博士後期課程では、次のような人材を求めます。
・理工系基礎学力を有し、論理的かつ多面的な発想ができること
・土木技術や社会基盤に関連する幅広い知識を有し、自ら学び研究する意欲を有すること
・国際的に通用する研究開発を進めるために必要な語学力を有していること
・土木工学分野における高度な技術者・研究者として、国際社会に役立つ技術の発展に貢献する高い志を有すること

建築学専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適正をもつ人材を求めます。
・建築学において全般的な基礎学力と専門領域の学力を有すること
・多面的な捉え方、論理的な思考、創造、表現ができること
・未知の領域に興味を持ち、挑戦する気概、積極的な研究意欲を有すること
・建築を取り巻く世界を理解し、専門知識を生かし、社会の発展に貢献する志を有すること
・国際的に研究活動や創作活動を行うための基礎的な語学力を有していること

博士後期課程

本専攻では、次のような能力と適正をもつ人材を求めます。
・建築学の専門領域において高度な学力を有し、柔軟な発想から、論理的な思考、創造、表現へ展開できること。
・広い知識を有し、多面的な捉え方から、合理的に方向性を見出すことができること。
・国際的に研究活動や創作活動を行うために語学力とコミュニケーションする能力を有していること。
・知のフロンティアを開拓する高い志と意欲を有し、社会に対する倫理観を有すること。

国際開発工学専攻

修士課程

国際開発工学専攻では、以下のような素養を持った方々を求めます。
・国際社会が抱える問題や地域社会の問題に興味を持ち、それを解決するための高度な学問を学ぶ意欲を有すること
・自分の得意分野を極める意欲と関連分野を広く学ぼうとする柔軟性を併せ持つこと
・高度な国際開発工学を修得するための基礎的な学力が十分であること
・国際的なコミュニケーション力、マネジメント力、協働力の基礎ができていること

博士後期課程

国際開発工学専攻では,以下のような素養を持った方々を求めます。
・国際的問題解決に必要な幅広い専門学力およびそれに基づく実践的な問題解決力を有していること。
・修得した専門知識に新たな知見を加えて自在に活用できること。
・国際的なコミュニケーション力,協働力の十分な基礎ができていること。
・高い志を持ち,知のフロンティアを自ら開拓する強い意志を有していること。

原子核工学専攻

修士課程

本専攻は、次のような能力と適性を有する人材を求めます。
・理工系の十分な基礎学力と各々の出身学部・学科で学んだ基礎的な専門学力を有し、それに基づき論理的かつ柔軟に思考し、自分の考えを表現できること
・未知の研究領域に果敢に挑戦し、積極的に学ぶ意欲を有すること
・本専攻で学んだことを活かして、社会の発展に貢献する志を有すること
・日本語および英語による説明能力と文書能力を有すること

博士後期課程

本専攻では、次のような能力と適性を有する人材を求めます。
・原子核工学における課題の本質的な理解を可能とする専門学力、およびその専門学力に基づく実践的な問題解決力を有すること
・専門学力および豊かな教養を活用して、高い倫理観と社会的責任感を持って、課題解決と創造的な研究・技術開発を進める力を有していること
・日本語および英語による論理立った説明能力と文書能力を持ち、議論を展開できる能力を有すること
・原子核工学のフロンティアを自ら開拓する強い意欲を有すること

大学院生命理工学研究科

生命理工学研究科では,修士および博士学位の取得を目指す各課程の教育目標に基づき,バイオ系や理工系の専門分野を体系的に習得できる充実した専門教育や,創造性・国際性などを育むことを目的として国際連携や産学連携を活用した教養教育,そして最先端の研究開発を核として創造的な学位論文研究を実施することによる高度な研究者・技術者の養成教育など,世界最高レベルで生命理工学の科学技術分野を先導・牽引する最高学府に相応しい教育を行います。
そこで,本研究科の各課程では,次のような能力と適性をもつ人材を求めます。

修士課程

・理工系の基礎学力とバイオ系の専門学力を有し,それらに基づく論理的思考力や表現力を有している
・生命理工学の研究開発を進めるために必要な語学力を有している
・バイオサイエンスとバイオテクノロジーの研究分野に強い関心を有している
・生命に真摯に向き合う意欲を有している

博士後期課程

・バイオ系の高度な専門学力を有している
・幅広い理工系基礎専門学力を有している
・生命理工学研究を進めるために必要な創造性と問題解決能力を有している
・生命に対して畏敬の念と倫理観を備えている
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力を有している

分子生命科学専攻

修士課程

本専攻では,次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工学と生命科学の基礎学力,および,それらに基づく論理的思考や表現力
・分子生命科学の研究を進めるために必要な語学力
・生命科学に興味を持ち,積極的に学び,研究しようとするバイタリティ

博士後期課程

本専攻では,次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・分子生物学,生化学,有機化学,物理化学を基盤として,生命現象を原子・分子レベルの視点から創造的に研究する能力
・研究活動をする上で必要な英語力
・自ら行った研究成果を日本語あるいは英語で発表および議論できるコミュニケーション能力

生体システム専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工学と生命科学の基礎学力、および、それらに基づく論理的思考と表現力
・生命科学の研究を遂行するのに必要な語学力
・生命について分子レベルからそのシステムまで幅広い観点から興味を持ち、積極的に学び、研究しようとする強い意欲

博士後期課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・生化学、分子生物学、細胞生物学、発生生物学、生理学、分子進化学、分子生態学等の専門学力を基盤として、生命の仕組みをシステムとして捉えて研究する能力
・研究活動をする上で必要な英語力
・自ら行った研究成果を日本語あるいは英語で発表および議論できるコミュニケーション能力

生命情報専攻

修士課程

本専攻の修士課程では,次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工系の基礎学力とバイオ系の基礎専門学力を有し,それらに基づく論理的思考力や表現力を有している
・生命情報を基盤とする研究・技術開発の推進に必要な語学力を有している
・生命情報を基盤とするオリジナルかつ最先端の研究・技術開発に強い関心を有している
・生命および生命研究に真摯に向き合う意欲を有している

博士後期課程

本専攻の博士後期課程では,次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・バイオ系の高度な専門学力と幅広い理工系基礎専門学力を有している
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力を有している
・生命情報を基盤とする研究・技術開発の推進に必要な創造性と問題解決能力を有している
・生命情報を基盤とするオリジナルかつ最先端の研究・技術開発を推進し,学際的な新規分野を開拓,先導する次世代のリーダーとなることに強い意欲を有している
・生命および生命研究に対する倫理観を備えている

生物プロセス専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工系の基礎学力と生物工学の基礎専門学力を有し、それらに基づく論理的思考力や表現力を有している
・生物工学の研究開発を進めるために必要な語学力を有している
・生物や生物機能を物質生産や環境・医療分野に役立てることに強い関心を有している
・生命に真摯に向き合う意欲を有している

博士後期課程

本課程では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・生物工学分野の高度な専門学力を有している
・幅広い理工系基礎専門学力を有している
・生物工学に関する研究を進めるために必要な創造性と問題解決能力を有している
・生命に対する畏敬の念と倫理観を備えている
・国際的なコミュニケーション基礎力を有している

生体分子機能工学専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工系の十分な基礎学力と生命理工学に関する専門学力を有し、それらに基づく論理的思考力や表現力を有している
・生体分子工学の研究開発を進めるために必要な英語の語学力を有している
・生体分子に関する基礎的知見を工学的に応用する研究に興味を持ち、新しい課題に果敢に挑戦する気概と積極的に学ぶ意欲を有している
・医療分野のみならず広範な産業分野に関心があり、生体分子に関する知見を活かして社会の発展に貢献する志を有している

博士後期課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・生体物質の機能発現メカニズムを分子レベルで究明するための基礎的手法を修得し、それを応用に結びつける工学的発想力があること
・広い理工系基礎専門学力に基づく融合分野への適応性
・生命現象の工学的制御に対する倫理観
・国際学会で通用する英語の語学力とコミュニケーション力
・生命工学分野においてリーダーシップを発揮しようとするバイタリティ

大学院総合理工学研究科

本研究科は異分野の研究者・技術者とも積極的に交流して、新しい科学技術分野を開拓創造しうる国際性豊かな人材を養成することを目的とすることから、以下に示すような人達を求めます。

修士課程

・科学技術を通じて、産業界や政府、非政府組織など広く社会に貢献していく意欲のある人
・既存の学問の枠組みに囚われず新しい学問領域での自己実現を目指す人
・科学技術を柱に、国際的活動を目指す人

博士後期課程

・科学技術を通じて、産業界や政府、非政府組織など広く社会に貢献していく意欲のある人
・専門分野での学識を深め、将来、世界的に活躍する研究者・教育者・エンジニアを目指す人
・企業や政府、非政府組織等、実社会での研究や経験を学問体系の中で普遍化したい人(社会人ドクターコース)

物質科学創造専攻

修士課程

・理工系の十分な基礎学力とともに、物質・材料系の基礎専門力を有すること
・英語を理解し、英語による説明と文書化の能力を有すること
・論理的に思考し、表現し、議論する能力を有すること
・本課程の人材養成の目的を理解し、修得した能力をもって社会に貢献しようとする高い志を有すること

博士後期課程

修士課程において修得した能力を有することを前提として、下記の資質・能力を有する者を本課程入学者として迎えます。
・物質・材料系の専門力を中心に理工系の十分な基礎学力を駆使して、自ら未知の分野を開拓し発展させる研究を遂行する能力と意欲を有すること
・グループを組織してまとめていくために、あるいは成果を社会に広めるために必要な論理的説明、議論と交渉に誠意と熱意をもって取り組めること
・本課程の人材養成の目的を理解し、自ら開拓し発展させる分野から社会に貢献しようとする高い志を有すること

物質電子化学専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性を持つ人材を求めます。
・理工系、特に化学の基礎学力を有すること
・学問に対する積極的な意欲を有すること
・柔軟な発想をもち、新しい研究課題に積極的に挑戦する気概を有すること
・化学の知見を活かして社会の発展に貢献する志を有すること
・日本語による説明能力と文書化能力を有すること
・英語による基礎的な読解力と文章作成力を有すること

博士後期課程

本専攻では、次のような資質と能力を持つ人材を求めます。
・理工系の十分な専門学力を有し、柔軟な発想ができること
・化学分野の先端研究を推進する積極的な意欲を有すること
・未知の研究領域を開拓しようとする気概を有すること
・化学の専門知識を活かして広く社会に貢献する志を有すること
・世界的視野で研究・技術開発を牽引する意志を持つこと
日本語および英語による論理だった説明能力と文書化能力を有すること

材料物理科学専攻

本専攻では、次のような資質や能力を持つ人材を求めます。
・材料科学および材料工学に関する基礎学力を身につける意欲を持ち、この分野を専門とする科学・技術者として広く社会に貢献することを目指す人
・異分野の科学技術にも興味を持ち、自らの専門との融合を目指すための視野拡大とコミュニケーション力の強化を目指す意欲のある人
・科学技術を柱に国際的活動を目指す人

環境理工学創造専攻

修士課程

本専攻では,次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・持続可能な社会と環境とのあり方を探求し,国内外の環境問題を解決することによって社会に貢献する意欲があること
・理工系もしくは社会科学系の基礎知識を有していること
・新しい学問分野に積極的に取り組む意欲があること
・日本語および英語による読解能力を有すること

博士後期課程

・材料科学および材料工学に関連する高度な専門知識と課題解決能力によって、広く社会に貢献する意欲のある人
・専門分野での学識を深め、研究者・教育者を目指す人
・異分野の研究者・技術者との積極的な交流を通して、科学技術の進化に対する俯瞰力と倫理観を身に着けて国際的にリーダーシップを発揮する意欲のある人

人間環境システム専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・新たな人間環境のあるべき姿を探求し実現してゆくために学ぶ強い意欲を有すること
・理工系の基礎専門力を有し、柔軟な発想ができること
・自らの技術的知見を活かして社会の発展に貢献する志を有すること

博士後期課程

本専攻では、次のような資質と能力をもつ人材を求めます。
・新たな人間環境のあるべき姿を探求し実現してゆくためのフロンティアを自ら開拓する強い意欲を有すること
・問題を多面的に理解する上で必要な幅広い専門学力を有すること
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力を有すること

創造エネルギー専攻

修士課程

本専攻では,次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・エネルギー科学を学習するための十分な理工系基礎学力を有すること
・自ら積極的に学習,研究を進めていく意欲を有すること
・これまでの専門領域に拘らず,新しい分野を切り開くチャレンジ精神を有すること
・研究を進めるために必要な語学力を有すること

博士後期課程

本専攻では,次のような資質と能力をもつ人材を求めます。
・博士後期課程において研究を実施するにあたり十分な専門的知識と問題解決力を有すること
・科学技術を通して,学界,産業界など広く社会に貢献しようとする高い志と意欲を有すること
・日本語および英語による基礎的なコミュニケーション能力を有すること

化学環境学専攻

修士課程

・理工系基礎学力を有し、それに基づいて論理的に思考し、表現できる
・国際的な視野から研究を進めるために必要な語学力を有している
・未知の研究領域に積極的に挑戦する旺盛な研究意欲を有している
・様々な視点から多面的にものごとを捉える意識をもっている

博士後期課程

・問題を多面的に理解するために必要な幅広い専門学力、およびそれに基づく実践的な問題解決力を有している
・化学に関する専門分野の知識に、新しい知見を加えて自在に活用しようとする意識をもっている
・国際的に通用するコミュニケーション力を有している

物理電子システム創造専攻

修士課程

本専攻では次のような能力と適性を持つ人材を求めます。
・理工系の充分な基礎学力を持ち、それを柔軟に応用して新しい学問分野の修得にも活かせること。
・未知の研究対象に興味を持ち、その課題克服に主体的に学び取り組めること。
・高い倫理観を持ち自らの専門的知識や経験を社会で活かそうという志を持っていること。
・社会の中で自ら学び自己の力を発揮できるコミュニケーション力を持っていること。
・英語の基礎力を充分持っていること。

博士後期課程

本専攻では次のような資質と能力を持つ人材を求めます。
・ 理工系の基礎専門力を持ち、かつ、より広い学問領域に関心を持ち新しい分野にも柔軟に対応できること。
・ 研究対象に強い探求心を持ち、自ら問題解決に取り組めること。
・ 高い倫理観を持ち自らの専門的知識や経験を社会で活かそうという志を持っていること。
・ 自ら持つ専門的内容を人に適確に伝え、また、人との議論から自分の専門知識を高めて行けるコミュニケーション能力を有すること。
英語の基礎力を充分持つと共に、研究を通してグローバルな場でコミュケーションができる基礎力を持ち、かつ、それを高めて行く意識を持っていること。

メカノマイクロ工学専攻

修士課程

本専攻では学際的な教育研究を目指しているため,機械・電子・制御・情報などの分野に関わる学科をはじめとして,材料系,生命系,化学系など広い分野の出身者を受け入れています。受験生には,
1)意欲をもって積極的に学業・研究に取り組める,
2)基礎的な工学知識および出身学科の基礎的専門知識が十分である
ことを望みます。

博士後期課程

本課程では,各種研究・開発分野で要求されるマイクロメカトロニクス関連分野の高い専門性と同時に,工学に関する広い視野を身につけ,独立した研究者としての自覚をもち,将来,研究・開発分野で指導的な立場に立てる人材の育成を図ります。また,企業等に勤務しながら博士号取得を目指す「社会人大学院プログラム」も用意されており,仕事に携わる傍らアカデミックな視点から専門分野を総括できる人材も育成します。

知能システム科学専攻

修士課程

A) 自分が取り組みたい課題に対する明確な動機づけがあり、
B) 学部において自分の第一専門を体系的に修めた上で、
C) 異分野・異文化に果敢に挑戦することができるたくましさと、
D) 異分野の対象であっても共通する論点を見抜く抽象化能力、あるいは数理的な素養とセンスを持つような入学者を受け入れる。

博士後期課程

A) 自分が取り組みたい課題に対する明確な動機づけがあり、
B) 修士課程において自分の第一専門を体系的に修めた上で、
C) 異分野・異文化に果敢に挑戦することができるたくましさと、
D) 異分野の対象であっても共通する論点を見抜く抽象化能力、あるいは数理的な素養とセンスを持ち、
E) 独創的かつ意義のある問題設定能力に結びつく発想力を持つような入学者を受け入れる。

物理情報システム専攻

修士課程

本専攻では次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理工系の十分な基礎学力をもち、それを柔軟に応用して新しい学問分野の習得にも活かせること
・未知の研究領域に興味をもち、その課題克服に自律的に取り組む姿勢のあること
・専門的知識や経験を、倫理観をもって社会で活かそうという志をもっていること
・基本的な説明能力、コミュニケーション力をもっていること
・英語の基礎力をもっていること

博士後期課程

本専攻では次のような資質と能力を持つ人材を求めます。
・理工系の十分な専門学力を有した上で、より広い学問領域に関心を持ち新しい分野にも柔軟に対応できること。
・研究対象に強い探求心を持ち、自律的に問題解決に取り組めること。
・専門的知識や経験を、倫理観をもって社会で活かそうという志をもっていること。
・自らもつ専門的内容を他分野の人に適確に伝え、また、人との議論から自分の専門知識を高めてゆけるコミュニケーション能力を有すること。
英語の基礎力を十分もつと共に、研究を通してグローバルな場でコミュケーションができ、かつ、それを高めて行く意識をもっていること。それを柔軟に応用して新しい学問分野の習得にも活かせること。

大学院情報理工学研究科

情報理工学研究科は,修士,博士の学位取得を目指す各課程の教育目標に基づいて,情報の基礎・科学的な領域とコンピュータとの関わりを扱う数理・計算科学,情報処理を実行するコンピュータの工学的領域を扱う計算工学,人間・機械・社会環境を対象とする新たな学術領域である情報環境学に関する教育を行います。
本研究科の各課程では,次のような能力と適性を持つ人材を求めます。

修士課程

・情報理工学の基礎学力を有し,それに基づいて論理的に思考し,表現できる
・情報理工学に関する豊かで幅広い知識を有し,様々な視点から多面的にものごとを捉えることができる
・国際的な視野から情報理工学の研究や技術開発を進めるために必要な語学力を有している
・情報理工学の未知の世界に果敢に挑む旺盛な研究意欲を有している

博士後期課程

・情報理工学の問題の多面的な理解に必要な幅広い専門学力,およびそれに基づく実践的な問題解決力を有している
・情報理工学の知識に新しい知見を加えて,自在に活用できる
・情報理工学分野において国際的に通用するコミュニケーション基礎力を有している
・高い志で情報理工学のフロンティアを自ら開拓する強い意欲を有している

数理・計算科学専攻

修士課程

本専攻では次のような人材を歓迎します。
・論理・数学的な理論体系と現象の背後にある数理科学的構造に興味を持っている
・学部レベルの数学とその応用分野、計算機とプログラミングの基礎知識を身につけている
・現実的な問題の解決に役立つ数理・計算機科学の理論とその応用に関心と意欲を持っている

博士後期課程

本専攻では次のような資質と能力を持つ人材を求めます。
・理工系の十分な専門学力を有した上で、より広い学問領域に関心を持ち新しい分野にも柔軟に対応できること。
・研究対象に強い探求心を持ち、自律的に問題解決に取り組めること。
・専門的知識や経験を、倫理観をもって社会で活かそうという志をもっていること。
・自らもつ専門的内容を他分野の人に適確に伝え、また、人との議論から自分の専門知識を高めてゆけるコミュニケーション能力を有すること。
英語の基礎力を十分もつと共に、研究を通してグローバルな場でコミュケーションができ、かつ、それを高めて行く意識をもっていること。それを柔軟に応用して新しい学問分野の習得にも活かせること。

計算工学専攻

修士課程

本専攻では、以下のような能力と適性を持った人材を求めます。
・理工学の幅広い分野に興味を持ち、十分な基礎学力と柔軟性を持っている人
・自ら新しい問題に挑戦し、それに粘り強く取り組むことのできる人
・日本国内のみでなく、世界を見据えて学習や研究に取り組むことのできる人
・より高性能で使いやすいコンピュータ・システムの実現を通して社会の発展に貢献する志を持つ人

博士後期課程

本専攻では,以下のような能力と適性をもった人材を求めます。
・計算工学に関する専門知識と論理的思考能力を持っている人
・幅広い視野と柔軟な思考で問題解決に臨める人
・社会的観点から自らの専門分野の状況を客観的に評価できる人
・国内外の研究者と共同研究・開発をおこなうのに十分なコミュニケーション能力を持っている人

情報環境学専攻

修士課程

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・理学・工学を中心に幅広い学問分野についての基礎学力と教養を有している
・学部教育をとおして修得した専門学力を有している
・専門分野で必要となる語学力を有している
・柔軟な発想力および論理的な思考力を有している
・積極的に学び、困難な問題にも果敢に挑戦する気概を有している
・習得した知識や能力を活かし、社会に貢献しようとする意欲を有している

博士後期課程

本専攻では,次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・幅広い専門知識と実践的な問題設定・解決力を有している
・新しい知見や技術を自在に活用し,総合的・多面的な視点から論理的に思考できる能力を有している
・国際的に通用するコミュニケーション基礎力を有している
・獲得した専門知識や専門技術を社会に還元し,社会貢献しようとする志を有している

大学院社会理工学研究科

社会理工学研究科は、修士、博士の学位取得を目指す各課程の教育目標にもとづいて、超産業社会が内包する問題群を理論的に定式化し、これらを解決する具体的手段を提供し、科学技術と人間社会のインタフェースをうまく設計し、実装、運用することのできる人材を養成するために、世界に先駆けて作られた、文理融合型の大学院の先駆けとして相応しい教育を行います。
そこで、本研究科の各課程では、次のような評価観点について、基本的な資質と能力を持ち,総合的に判断して本研究科の教育目標を達成できると見込まれる人材を求めます。

修士課程

・理工系または人文・社会科学の基礎専門学力
・事実やデータ、資料にもとづいて、論理的に思考し、表現する力
・多様な価値観を理解し,人や社会のさまざまな現象に関心を持ち,多面的にものごとを捉え、考えようとする態度
・国際化が進む社会において、その専門的能力を発揮する上で必要になる基礎的英語力
・科学技術と人間社会とをつなぐインタフェースを設計したり,ファシリテーターとして活躍する際に必要となる情報技術に関する知識・技能やコミュニケーションに関する力
・既存の学問領域にとらわれず,文理融合の新しい学問領域を創造しようとする本研究科の趣旨に賛同し,未知の世界に果敢に挑む旺盛な研究意欲

博士後期課程

・学位論文研究に臨む上で必要な研究テーマに関連する幅広い専門学力
・研究遂行に必要な実践的な問題解決力や研究のスキル、倫理観等
・既存の学問領域にとらわれず,文理融合の新しい学問領域を創造しようとする本研究科の趣旨に賛同しその深奥を究めようとする意欲と探求力
・国際社会に研究成果を発信する上で必要なコミュニケーション能力・情報発信力
・自分の研究テーマの社会的意義や新規性を説得する力

人間行動システム専攻

修士課程

本専攻は、評価として次のような観点から総合的に判断し、基本的な能力と適性を持ち、本専攻の教育目標が達成できると見込まれる人材を求める。すなわち、理工系と人文・社会科学のいずれか一方の基礎専門学力、本専攻の教育課程の履修に必要な基礎学力および論理的思考力、学習意欲、柔軟性、コミュニケーション力を重視する。
・理工系または人文・社会科学の基礎専門学力
・事実やデータ等に基づき、論理的に思考し、表現する力
・多様な価値観を理解し、人間や社会のさまざまな現象に関心を持ち、多面的にものごとを捉え、考えようとする態度
・グローバル社会において、多様な人達と協働で問題解決する際に身につけるべき基礎的な英語力やコミュニケーション力
・人間を対象とした実験や教材開発、システム開発等で必要な情報技術に関する知識・技能、データ解析・効果分析等で必要な統計手法に関する知識
・既存の学問領域にとらわれず、人間性を加味した新しい科学技術の発展に寄与する本専攻の趣旨に賛同し、未知の世界に果敢に挑む旺盛な研究意欲

博士後期課程

博士後期課程では、修士課程で達成された資質や能力に加えて、新たな学問領域を創造する意欲、研究計画の立案や遂行に必要な方法論(研究者倫理を含む)の修得、研究テーマに関連した専門学力、国際的な場で研究成果を発信するために必要な語学力を重視する。

価値システム専攻

修士課程

価値システム専攻では、次のような人材を求めます。
・知の融合のために、既存の学問領域にとらわれずに他の学問にも貪欲である人
・知の創造のために、問題発見と解決方法の模索の繰返しに真摯に取り組む人
・知の実践のために、新しい取組みへの勇気と謙虚さを持つ人
・創造された知を実際に問題解決に役立て社会に貢献する人

博士後期課程

価値システム専攻では、次のような人材を求めています。
・知の融合のために、既存の学問領域にとらわれずに他の学問にも貪欲である人。
・知の創造のために、問題発見と解決方法の模索の繰返しに真摯に取り組む人。
・知の実践のために、新しい取組みへの勇気と謙虚さを持つ人。
・創造された知を実際に問題解決に役立て社会に貢献する人。
・軸足となる既存分野での高い専門性をもち、同時に、新たに足を踏み入れる新規分野について十分な知識をもつ人。

経営工学専攻

本専攻では、次のような能力と適性を持つ人材を求めます。
・人文社会学、理学および工学の十分な基礎学力と論理的な思考力
・経営工学およびその周辺の分野について十分な専門的学力を有すること
・自ら問題を発見する洞察力とその解決に適切な方法を探すことのできる力
・論理的思考力と柔軟な発想力
・社会に存在する問題に挑戦し積極的に学ぶ意欲と最後までやり抜く敢闘精神
・問題を解決し、マネジメントできる力
・問題解決を通じてグローバルに社会に貢献する志
・人間性尊重の考え方と技術者倫理

社会工学専攻

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・社会工学の基礎技能分野である数理、空間、及び言語技術に関する十分な学力を有する
・社会問題が発生し、それに対しての問題解決を計っている現場(実態)を理解できる
・社会工学の知見を活かして、社会問題の解決策を導き、社会の発展に貢献できる
・既存研究を学ぶことだけでは満足せず、新しい研究領域を開拓する意欲を持つ
・日本語および英語による優れた文章表現能力ならびにプレゼンテーション能力を備える

大学院イノベーションマネジメント研究科

技術経営専攻

本専攻では、次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・自らの経験から得た知識や習得した知識を基に、現状を踏まえて論理的かつ客観的に思考し、表現できる
・豊かで幅広い知識を有し、様々な視点で多面的にものごとを捉えることができる
・国際的に活動できる語学力を有している
・向上心にあふれ、社会を主導する意欲を有している

イノベーション専攻

本専攻では、入学者に次のような能力と適性をもつ人材を求めます。
・科学・技術の分野において自立した研究者として活動し社会に貢献するために十分な基礎学力、知識、探究心を有すること
・英語による研究および情報発信能力を有すること