創造性育成科目概要 | 東京工業大学 教育・国際連携本部


創造性育成科目概要

東京工業大学における創造性教育について

 本学は明治14年の建学以来実学を重視した教育を行ってきています.さらに戦後まもなく「くさび型教育」と呼ぶ全人教育のプログラム,すなわち低学年から最先端の専門分野に触れつつ,高学年にも人文社会科学を履修する独自の教育体制を実践してきました.この教養教育システムは高く評価されていますが,時代の変遷とともに学生の多様化が進み,ものつくりの楽しさを体験することなく入学する学生が多く見られるようになってきました.そこで,学習の動機付けの観点から昭和56年にものつくりの楽しさを体験させるための科目として「制御工学設計製図」(元祖ロボコン)が設置されました.この新しいスタイルの授業は学生が能動的・発見的に学習する方法として優れた効果が認められましたことから,それ以降,学内の各学科においてさまざまな創造性育成科目が実施されることとなりました.今では,本学だけでなく日本の多くの大学でこのスタイルの授業科目が実施されています.
 本学では,創造性教育を以下の3段階で進めることを考えており,このように連続的に創造性を高めていく教育を本学では「スパイラルアップ教育」と呼んでいます.
(1) ものづくりや問題の解決のために工夫することが面白いと感じ,自らに潜在的創造能力が備わっていることに気付き,自信をつける
(2) コンテストなどを通じて具体的な課題に対する自らのアイデアや工夫をブラッシュアップし,科学技術者としての資質を高める
(3) 卒業研究のような抽象的な課題について,そこにおける問題点を発見し,解決のためのアプローチ方法を考案し,問題解決に取り組む
 これを本学の特徴である「くさび型教育」に組み込むことにより,「創造性育成科目,専門科目,文系科目の3本柱に加えて,実験・実習をバランスよく組み合わせることでスパイラルアップを図り,より人間力,創造力の豊かな研究者,技術者を育成する」ことを目指しています.さらにこれに学生の自主的な課外活動を奨励することにより,より創造力の豊かな技術者と育つことを期待しています.
 教育推進室では,平成16年度より,学部・大学院の創造性育成科目の認定及び選定を行ってきましたが,平成20年度からはこれを少し修正し,各学科や専攻等が創造性育成科目を登録し,それらを教育推進室のホームページ上で公表することとしました.
 本学はこれからも,創造性教育の更なる発展に努めます.