学院の目的 | 東京工業大学 教育・国際連携本部


学院の目的

各学院

理学院

知の文化としての理学を継承・発展させるとともに,自然科学の最先端を切り拓く研究を先導・展開する。

学士課程

自然界に潜む普遍的な法則性を解明することにより,人類が継承すべき知の文化を究めるとともに,先鋭的な理学研究を開拓し,国際的な研究活動を牽引する人材及び幅広い理学的素養を有し,産業界で活躍できる人材を養成する。

大学院課程

自由な発想と知的好奇心に基づき,自然界に潜む法則性を解き明かすことにより,知の文化である理学を継承し,ひいては人類社会の進歩に貢献できる柔軟で論理的な思考力をもつ理学人を養成する。

工学院

工学を基盤として,卓越した学術と技術を創生し,人類と社会の持続的発展に貢献する。

学士課程

幅広い工学的知識・技術を修得し,確かな倫理観と論理的思考力を持ちつつ創造性を発揮して工学的叡智を社会に広く応用・展開できる人材を養成する。

大学院課程

高度かつ広汎な工学的知識・技術を修得し,確固たる倫理観と技術観,広い視野と深い思考力,及び国際性を備えた創造性豊かな人材を養成する。

物質理工学院

物質の性質や反応性についての洞察力と革新的な材料を開発して展開する創造力と応用力に基づき,独自の発想により未知の研究領域を開拓して,人類の幸福に寄与する。

学士課程

材料学および応用化学に関する確かな基礎学力と明快な論理的思考力を持ち,理工学的叡智を社会に広く応用・展開して,環境調和型社会の発展に貢献できる人材を養成する。

大学院課程

材料学および応用化学に関する最高度の専門的学力と総合的な意思決定能力を持ち,最先端の技術開発と学術研究について,課題の提示とそれらの本質的な解決ができる人材を養成する。

情報理工学院

情報科学技術の最先端を新たな視点で追究することを基本とし,数理科学,情報工学,知能情報学の研究を基盤に情報科学技術の進展を国際的に牽引し,情報科学技術を用いた豊かな社会の構築に貢献する。

学士課程

情報科学技術の基盤となる数理科学,情報工学,知能情報学の基礎理論と技術を修得し,それらを現実の問題解決に柔軟に適用し,豊かな情報社会の構築に貢献できる人材を養成する。

大学院課程

高度な情報科学技術を理解し,それを豊かな情報社会の構築に活用できる人材,さらには,世界をリードし,情報科学技術の最先端の開拓や新たな展開分野を切り開いていくことのできる人材を養成する。

生命理工学院

生命現象のしくみを読み解き,工学応用する道を切り拓くことにより,人類共通の知的基盤形成に貢献する。

学士課程

生命理工学に関連した科学技術の発展に資する課題解決力と倫理観を備えた理工系人材を養成する。

大学院課程

生命理工学分野を核とする新たな科学技術を創造し,国際社会の中でリーダーシップを発揮できる,高い倫理観を備えた理工系人材を養成する。

環境・社会理工学院

理工学的叡智に加えて人文社会科学的叡智を広く環境や社会に応用・展開して卓越した学術・技術を創生することで,人類と社会の持続的発展に貢献する。

学士課程

理工学の知識と技術を体系的に修得し,生涯を通じて学び続ける能力,知識の活用能力及び創造性を培うことで,理工学に加えて人文社会科学の叡智を応用・展開して人類と社会の持続的発展に貢献できる人材を養成する。

大学院課程

理工学の知識の修得や人文社会科学の学習を通じて,社会の変化に柔軟に適応でき,環境,産業,学術,政策等の分野において国際的に通用する専門家として科学・技術のフロンティアを開拓・牽引できる人材を養成する。